« こぶりの鍋つかみ | トップページ | 民藝を旅する »

やっぱりミトンも

小ぶりの鍋つかみも使いやすいのですが、薄い布と綿なので
やっぱり持てないものもある。そんなわけで手首まで守れるミトン型も
作ってみることにしました。
いろんな布をひっぱり出してきて思いついたのが、古いジーンズの裾部分。
内側は肌触りを考えて、湯たんぽにつもつかったウールのジャージ生地に。
厚みのある生地で熱が手に伝わるのを和らげます。

Photo間に綿を二重で入れています。
三重だとモコモコになりすぎて手が入りづらくてダメでした。
大きすぎるのがスマートじゃないと思っていたので
小ぶりにしましたが、もうちょっと口のあたりが広い方が
入れやすかった気がします。
まあ、そんなところもご愛嬌ってことで。

フックにひっかけられるように、ジャージ生地の端っこを
輪っかにしてつけてあります。
先ほど沸騰した後のホーローのやかんを触ってみましたが、問題なし!
いつも大きなボロボロのミトンがぶら下がっていた場所に、
手作りの鍋つかみが二種類。それだけで台所がすてきな場所にみえたりして。
気になっていたことが少しずつ改善されるのは、ささやかな喜びです。
次は仕事机の座布団だな。

« こぶりの鍋つかみ | トップページ | 民藝を旅する »

おすすめ道具・食材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりミトンも:

« こぶりの鍋つかみ | トップページ | 民藝を旅する »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ