« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

お祭り仕様

この土日は根津神社のお祭りで谷根千は祭囃子や、神輿に山車と
大騒ぎの二日間でした。
そんな中、久々にGARAGEの店番に立つことに、たしか二か月ぶりです。
120916_143043
開店直後くらいは穏やかな状態です。
外に出したベンチに小粋な小学生女子がおりまして。
ここらの小学生はお祭りの衣装がなかなか様になるのです。
ねじり鉢巻が似合う少女がいっぱいです。
ちょっと背伸びしている感じがとってもかわいいのです。

今年は祭り仕様でヨーヨー釣りとスーパーボール、おもちゃを用意しました。
120916_143118この味わいのあるたらいを見てください!
カラフルなヨーヨーがとっても映えます。
今年はなぜか根津神社にヨーヨー釣りがなかったようで、
子供たちが熱狂してくれて、大繁盛となりました。

暇なときlにてぐすで釣る道具を作っていたのですが、
自分がテキヤさんになった気分で、なんだか楽しいのです。
120916_143214
何度も藍染大通りに神輿がやってきます。
日本の秋祭りの風景です。
お祭り、盆踊りの終了に近づくと
GARAGEは驚くほどの大繁盛。

お酒を出すこと9時間、ヘロヘロになって働きましたが
世田谷住まいでは味わえなかった、下町の祭りの姿を堪能した二日間でした。
浴衣で店番しようかなと血迷ったのですが、普通の格好でやっていてよかった。
浴衣を来ていたら倒れていたかもしれないし。

今年も「銀座・手仕事直売所」に出展!

決戦の9月がやってきました。今月は映画の初日がひとつ。
それを終えると、器催事の9月が到来します。
去年は3週間続いて、足腰がヘロヘロになりました。今年はどうなるか?

Photo9/26から松屋銀座で始まる
「銀座・手仕事直売所」で沖縄ブースを担当しています。
今年は陶器の眞喜屋修さん、江口聡さん、
琉球張子の豊永盛人さんを三本柱に、
多種多様な沖縄のよいものを集めます。

去年は民藝によせた品ぞろえで北窯の器と民具の籠があふれた売り場でしたが、
今年は沖縄のカタチをみせたいと思っています(予定は未定)。
蓋物、マカイ、小皿、カラカラ、チューカーなどアイテムごとに得意な
作家を打ち出します。そして今回は金細工のアクセサリーやカトラリーも
登場予定です。

先週から什器の塗装に励んでいます。
よい古道具をみつけてきては、洗って、やすりで削って、塗装する。
沖縄の多彩な器や張子、金細工が映えるように
ウォールナットステインを三度塗り。見違えるようにきれいになりました。
120907_175431
少し前までは古本の文庫本の棚に使われていたもの。
120907_171320天地をひっくり返せば、
高さも変えることができます。
試しに小皿を並べてみましたが、
これがとっても映えるんです。

今日は以前に拾ったまな板を削って、また塗装しました。
これは平台に段差をつけるのに使おうかと思っています。
どんな売り場に仕上がるのか、今から楽しみです。
ぜひ、遊びにきてください。

出展者の情報などは下記、ブログに上がっていきます。
http://d.hatena.ne.jp/teshigotochokubai/

「銀座・手仕事直売所」
9月26日(水)-10月1日(月) 
松屋銀座8階イベントスクエア(最終日5時30分閉場)9/26

うつわ下剋上

器始めと銘うって、よい器を集め始めてから3年以上が過ぎました。
気づけば器の営業が生業のひとつになってしまったから不思議です。
中でも一番好きなのは照屋佳信さんのやちむんです。
初めて見た時はもう興奮なんてものではすまない感じです。

催事の度に商品を選んでいろんなお店に出していますが、
どんな場所に出したって一番売れます。
他のきれいに作った器とちがって、蛇の目だってきたないし
色なんてかなり地味なのにそれでも私の中では一番です。
店頭でもバックヤードでもいつもすりすりして
「売れ残ったら家においでね」と言っているのですが
気に入っているものが残ったことがないのです。

だから沖縄に仕事で行った時か、東京では年に一、二回だけ
内緒の店に出かけて買うわけです。
先日窯出しがあったものでやっと時間が作れて
日曜に行ってきました。入口をはいった瞬間にもう一直線でした。

Img_0892按瓶が入荷していたのです!
しかもこの形と手ごろな大きさ。
Img_0893
どっちの向きも美人さん。
どちらかというと右向きが好き。
按瓶は取っ手のところも

土でできている急須で沖縄独特の形。なんとも豊かなのです。
興奮して触っている私に店主さんが言うんです。
「ホームページには出さないでおきました。これを作るまでに
腕が回復したんです」。そんなことを言われて持ち帰らないわけにはいきません!

Img_0898_3今までいくつの按瓶と切ない別れを繰り返してきたことか。
しかし、ついに私の食器棚に按瓶が
収まる日がやってきたのです。
なんともしっくりくるではないですか。

困ったことにほかにもたまらない器たちと出会ってしまい
Img_0894_4またも大人買い。
奥は芸術新潮で見た時からほしかった線彫りの皿。
葉柄なのですが、これが洋食にも見事にあう。
そして手前が指描きの8寸皿。
今日、なすのミートソースパスタをのせましたが、
驚くほど器も料理も映えるんです。
お店では「もう気が狂いそう」とつぶやきながら
ついつい選りすぐって買ってしまったのです。
紅茶を飲む用のマグカップも見つけました。

しかし家の食器棚の大きさは変わらないわけです。
何を出してこれをしまうのか。これこそまさに、うつわ下剋上。
ずいぶん昔にもらったものなどが、さよならボックスに移りました。
Img_0902
今まで隠していた大皿も飾り棚に入れてみました。
圧巻の光景ですね。
私にとって見ているだけで幸せになる空間なんです。
最近は、この棚をもう少し濃い茶色に塗り直すと
より器が映えるのではないかと思案しています。
誰に見せるんだよっと自分に突っ込みを入れながら。

丸ごと焼き野菜三昧

先週は丸ごと焼き野菜を作りまくる一週間でした。
日曜日に催事のDM撮影用に作って、上江洲茂生さんの尺平皿に
盛りつけて撮影を。出来上がったものは招待した友人と食べました。

Photo残りは朝ごはんになりました。
しかし、まさかのDM写真撮り直しとなり、
木曜日にもういちど作る。
出来上がったものは撮り直しを手伝ってくださった
皆さんのお腹の中へ。

そして土曜日、根津のGARAGEがついに一周年。
記念ライブの料理として出したいとのことなので、一周年祝いで
今度は大量に作りました。ライブ終わりにみんなで食べてもらいました。

本当はガスオーブンで作るのですが、うちには電子レンジオーブンしかないので
これはお鍋で作っています。無水鍋とルクルーゼで。
何もいれず皮のまま焼くだけなのでいたって簡単なのですが、
玉ねぎなんてとろっとろで、にんにくなんてほっくほくで
いろんな野菜が驚くほど美味しくなります。
にんにくをパンにつけても美味。
今回はちょっとお鍋に焦げがついてしまったので、
重曹をつかって焦げと格闘しています。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ