« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

華やいだ空間

立てば芍薬、すわれば牡丹、歩く姿は百合の花。
今週日曜、家で餃子大会を急遽開いたのですが、
お土産に芍薬をもらってしまいました。

Photo次の日から開き始めたピンク色の花が
妖艶な美しさを増していきます。
いっこうに開かない白い花はどんな可憐な姿なのか。
ここ数年花をもらうことが多いのですが、
薔薇、芍薬、百合をもらうと
家の中がぱっと華やかになって、いつも緑だらけの部屋に色気がでます。

クレマチスも満開になり、家が少し華やいでおります。

夏の始まり

5月も後半になり、梅雨から夏へと植物が成長する季節がやってきます。
Photo
今朝おきると三輪目のクレマチスも咲いて
すでに蕾は20個をこえ、日増しにふくらみをましています。
満開間近です。

Photo_2数週間前に植えたバジルの種。
気づけば植木鉢いっぱいに葉が
広がっていました。今年の夏もブルスケッタや
パスタに活用できそうです。

Photo_3ここ数か月、どうしたらクワズイモの葉を大きくできるかを
悩んできたのですが、鉢替えや、鉢分け、間引きが
うまくいったのか。ここにきて見事な成長です。

新芽が次々と出てくるのですが、
前の葉の大きさとは比べ物にならないものが開いてくるのです。
昨日、ガレージで元気を失ったクワズイモに肥料をあげました。
うちの家のクワズイモと違い、日に当たる時間がほとんどなく、
電球の光でのびていたので弱いのでしょう。
なんとか持ち直してくれるとよいのですが。

夏が近づくとやたらと早起きになる私ですが、
今日も6時前に目が覚めました。まず寝室の窓をあけ、
リビングにいってカーテンと窓を全開に。
顔を洗ってトイレにいって、また寝ます。
もっと夏に近づくとこの時間に植物の水やりを。
家の中の植物の成長の秘訣は朝日を浴びているからじゃないかと
私は思っているのです。
人間も朝の光をあびると元気になりますしね。

夏に備えて

毎年夏は家中の窓を全開にして、吹き抜ける風を楽しんでいるのですが
昨日、台所になんとスズメが入ってきたのです。
緑が多すぎて間違っちゃったのかな?

今年の夏はどれだけ暑くなるのでしょうか。
冷房があまり好きではないので極力つけないのですが、
ここ一、二年はありえない猛暑だったので死にかねないと思って
冷房をつけてやり過ごしました。
去年は節電対策ということで扇風機とサーキュレーターが
バカ売れしましたが、私が買おうと思った時には
ほしいものはすべて売り切れで購入にいたらず。

しかし今年は早めに動いて、本日サーキュレーターが届きました。
Photo_7一番欲しかったものはどこも売り切れだったので
DULTONのものを。夏らしく羽はオフホワイトにしました。

1_3古道具ばかりなので電化製品が
あまり似合わない部屋なのですが
それないりしっくりきています。

上向きにもなるので、直接身体に
風が当たらないで心地よい風を感じられるのじゃないかな?
猛暑だってかかってこいって気持ちです。

ラッピング勝負

久々にあぶちゃんを作りました。よだれかけです。
Photo_2今回は双子の女の子のお母さんへのプレゼントです。
妊娠中に「絶対に同じ服とか着せたくない」と
おっしゃっていたのです。
Photo_3

その気持ちを踏まえて
同じにならないように考えたわけです。

下の豆絞りタイプは同じ柄だけど、丸型と金太郎型の形違い。
上の二つはmarimekkoの布だけど、柄が違います。
裏にも違いが出るように布をカットしました。

すでに定番となった出産祝いなので、今回はラッピングにこだわることに。
Photo_4今回は縦型の箱に丸めて、縦に入れます。

Photo_5カードは大久保ナオ登さん作!
先日入手したのですが、
キャラクターがお気に入り。
この前は一筆箋代わりに

請求書にソファーにふんぞりかえったおじさんのカードをつけてみました。

Photo_6marimekkoとiittalaのコラボ商品の空き箱なんですが、
丸いくりぬき小窓から柄が見えます。

Img_5272最後はビニール袋にいれて、
細い赤のリボンを結びました。
家にあった再利用のもののわりに
見事なラッピングになって満足です。

ハーフのような顔立ちの
かわいい双子ちゃんとのことなので
きっと似合うのではないかと期待しています。

絶景スポットのような

仕事場の窓からスカイツリーが良くみえます。
でも今週火曜の開業当日は曇りすぎて影すらもみえませんでした。

Photo二日目の水曜日は真夏日。
晴れ渡る空と一緒にきれいにみえました。
出来上がっていく姿を見ていたので、
よくこんなに高くなったものです。
それにしても、電線が見事に邪魔なのが
下町っぽいな~

薔薇の余韻

薔薇の花をもらいました。本当に美しいのですが、美しいものは儚い。
切り花の薔薇はすぐにしおれてしまいます。
花びらだけとって、お風呂に浮かべたりしたこともあるのですが
今回はただ乾燥させてみました。

Photoエッセンスをかけたりはしていないので
天然のポプリですね。
木の器に入れてテーブルに置いているだけですが、
乾燥しても彩りも美しく、手に乗せて香りをかぐと
ふわ~っと甘い薔薇の香りが広がります。
薔薇の花の余韻がいつまでも続くようです。

一昨日、ついにクレマチスの花が咲きました。
まだ一輪ですが、茄子紺の美しい花です。ほかのつぼみも
徐々に大きくなっているので、来週の終わりには満開になるのでは?
ここにきてクワズイモが急成長しています。
朝、クワズイモの葉の木陰で目覚めるのが夢と友人に語ったところ、
「おまえはコロボックルか!」と突っ込まれましたが、
それも夢ではなくなってきました。
大きいものは葉が18センチに。丈もずいぶんと高くなってきました。
本格的な夏に向けて、うちの植物がどうなっていくのか楽しみです。

クレマチス、今年も!

今年は春が来るのが遅かったので植物の成長がのんびりで心配だったのですが
5月になってクレマチスも立派につるをのばしています。
今年は去年までの柵ではなく、立体的なアーチを作ったので
好き勝手に伸びています。
Photo
うまくアーチに巻きつかせようとして
無理をして切れたり、強風で切れたりと
三度もつるが切れてしまったのに
その痛手をものともせず、ここまで大きくなりました。
5月の青空をすかしてみました。

クレマチスで緑のカーテンを作るのが夢なのですが、
来年くらいにはできるのではないかと期待しています。
一番大きな蕾がきっと今週末には咲くはずです。
去年は三回咲いたので、今年も三回咲いてくれたら嬉しいな~

駒形どぜう

昨日は谷根千に集う大人の皆さんと連れ立って、
夕方から「駒形どぜう」に行ってきました。関西出身の方がどじょうを食べたことが
ないという話しから始まったこの会合、私は食べたことはありましたが
駒形どぜうは初めてなので、参加させてもらうことに。
18時前から皆さんは集合していたのですが、バスは遅いは
道に迷うはで遅刻しての登場となりました。

まずはビールで、どじょうの骨のチップス、卵の山椒佃煮、くじらのベーコンを
つまみつつ始めました。どれも最高の酒のつまみなので、すぐにぬる燗へ。
Photo

そして本番ってことで、どじょうのまるを頼みました。
火鉢の上に鉄板がのっていて、そこに割り下につかった
どじょうがびっしりです。まるというのは、開いていなくて
まるのままの状態のこと。
Photo_2
ここにテーブルの備え付けてある
ネギの小口切りをどっさり。
Photo_3

ごぼうのささがきを頼んで
またどっさり。
ネギとささがきがしんなりと
してきたら、よい頃合い。

まると野菜を一緒に少しずつさらって食す。
どじょうは泥臭いと言いますが、ここのどじょうは抜群に美味しい。
どうやらお酒を飲ませているようなんです。
通はまるのお替りはあまりせず、割り下を継ぎ足し、継ぎ足し
ネギとささがきで日本酒をチビチビやるのだそうです。
チビチビのはずが、みんなでパクパク、クイクイ飲んでしまいました。

趣のある古い日本家屋の大広間。畳の上に板を渡しただけのテーブル上に
どんとおかれる火鉢。座布団に座って、みんなでまるをつつく雰囲気がたまりません。
蔵前の友人も加わって6人でどじょうを楽しんだけでは終わらず、
お次は屋台街に、そして中華料理のあづまで純レバまで食べてしまい
もういくら食べれば気が済むのかといった状態に。
最近は谷根千呑みが中心でしたが、浅草も危険な街ですね~
大人の浅草の楽しみ方を教わった夕べでありました。


「駒形どぜう」
東京都台東区駒形1-7-12 TEL.03-3842-4001

おかえりなさい

催事会場に出張していたモンステラほかの鉢が部屋に戻ってきました。
Img_5201たった二鉢減っただけなのに、家にいると緑が足りないと
そわそわする日々だったもので、やっと落ち着いた感じです。

窓の外では今年もクレマチスはすくすくと育ち、
つぼみが膨らんできました。今年は何度も失敗して茎を
切ってしまったというのに、違うところが伸びてきて立派に育っています。
新しくやってきたシークァーサーの木も順調に新芽が出ており、
先週種をまいたバジルが芽を出しました。

最近は寝室にアイビーと、枕元にはフランスゴムを運んできました。
寝ぼけ眼で横をみると緑が見えるというのは、
なんとも言えず和むものです。空気もすがすがしく感じます。
私の家の植物たちはなぜかすくすく育ちます。
枯れちゃったものも少しはありますが、どれも上へ上へと伸びていきます。
自分ではあまりある愛情を注いでいるからだと思っていますが、
植物に詳しい人は「日光と水、肥料で育つ」とすげなく言います。

でもそんなことは絶対にない!
葉っぱをすりすりしながら褒めているし、6時に目が覚めたら
リビングのカーテンを開けて皆に朝の太陽を浴びさせているからさ!
(もちろん自分はもう一度寝ます)と思っております。

だから外で元気のない植物を見た時は、葉っぱをすりすりしてあげます。
元気になれよと心の中で言いながら。
あとはきっといい加減なくらいが良いのかな。
水はあげすぎず、わりと適当に。

かなかな、いよいよ最終日

今日はやっと一日中晴れて、かなかな二階にもすがすがしい風が
一日中吹いていました。やっぱり太陽の光があると
やちむんは映えるし、琉球草木鉢の植物たちも昨日より元気に見えます。

Photo_2一昨日レイアウトを少しかえたガラスも
キラキラ光ってよく売れました。
明日はいよいよ最終日。
こんなにたくさんのやちむん、琉球ガラス、
沖縄のかごが一堂に会することはめったにないので
お見逃しなく!明日は手づくり市があるので、開店は3時間早い10時。
閉店は2時間早い17時です。

店番をしていると、近所の友達や仕事仲間、そしてずいぶん会っていない
友達がひょっこり顔を出してくれます。器に囲まれながら、
いろんなことを話すのはなんだかとっても楽しいです。
街歩きの途中で立ち寄ってくれたお客さんは、懐かしいアパートの
階段を上がって、靴を脱いで入る異空間に「お邪魔します」と言って
入ってくださる方がほとんど。「どうぞ」と言いながら、
なんだか自分の家に招いているような不思議な感覚になります。

あー、この心地良い空間で過ごすのもあと一日。
終了時間になると、きっとさびしいだろうな~
でも、撤収作業があるから、感慨にふけっている暇はないかもな。

沖縄気分

せっかく谷中「かなかな」で「沖縄の豊かな工藝」が開催中なのですが、
昨日、今日とあいにくの雨続き。今朝から台東区は洪水注意報まで出ています。
かなかなの二階は窓が全開で本当に気持ちの良い空間なので、
雨降りでも楽しいのですが、沖縄のようにピーカンの晴れだったら、
ガラスもキラキラ光って、植物もより元気になるだろうにと思います。

テンションが下がってはいけませんから、雨降りの東京ですが
身体の中から沖縄気分になることに。

こちら昨日の朝作ったポーク卵。Photo_2
Photo_3付け合せは青パパイヤと人参をしりしりして
作ったソムタムです。
初めてしりしりスライサーで人参以外のものを
しりしりしました。味付けはナンプラー、
砂糖、レモン、鷹の爪。
あとは家にあったミックスナッツを刻んで、すべてを混ぜるだけ。
これが青パパイヤの歯ごたえもあってとっても美味。
先日ベトナム料理屋で食べた青パパイヤのサラダが美味しかったので
初めて作ってみたのですが、簡単でいて異国情緒も味わえて
得した気分になりました。

Photo_5そしてこちらは昨日の昼ごはんにつくった
タコライスです。初めて沖縄に行った時に
友達がタコライス屋に連れて行ってくれて
摩訶不思議な食べ物に驚いたものです。
帰ってからよく作っていました。

開店前の一時間は身支度と昼食でバタバタするので
そんな時はワンプレートものに限ります。
今日は朝からゴーヤのマリネを作りました。
連休も後半戦。早く雨があがってたくさんお客さんが来ますように。

料理コラム@こども映画プラス

こどもの頃、よく母に映画に連れて行ってもらいました。
今思うと色々と考えて選んでくれていたのではないかと思います。
ただ、映画に詳しくないお母さんやお父さんは何を見せるかわからないと
ついついアニメになるのでしょうか。
私は母とアニメを見た覚えが一切ないのです。

そんな方々におすすめのサイト「こども映画プラス」がオープンしました。
子供たちにどんな映画を見せて良いのかわからない方に
たくさんヒントをくれるサイトです。
年齢に応じてあっている映画も検索できますし、どんな切り口で
子供に見せたら良いか悩んだらコラムを読んでみても良いですし、
子供向けの映画イベントなども紹介されています。

Kodomoこのサイトで月一回、料理のコラムを書くことになりました。
映画の中に出てきた料理を切り口に、
再現をしたり、季節にあったものを作るなど
臨機応変にやっていこうと思います。
子供時代の写真をプロフィールに載せたいと言われたので
探してみると、ぴったりの写真が出てきました。
どうやら食いしん坊は昔からのようです。小さな口を大きくあけて
かじりついていますね~

第一回のコラムが今日アップされました。
今回は誰もが見ているということで『となりのトトロ』のサツキの
お弁当を作ってみました。ちょっと立ち寄ってみてください。

谷中にうりずんの風

本日、13時より谷中かなかなの2階で「沖縄の豊かな工藝」が始まりました。
昨日は21時で作業を終えたもので、今日は10時から一人黙々と作業に励み、
時間通りに開店することができました。

Kana1いや~、気持ちが良いのです。
今日は曇りでしたが、湿度の高い陽気。
沖縄の展示をするにはぴったりでした。
大きな窓を全開にしているので、時折さーっと
気持ちの良い風が流れるのです。
まさにうりずん(初夏)の風です。

Kanaka2松田米司さんとふくら舎のコラボ商品、
琉球草木鉢と家から運んだ植物が気持ちの良い空間を
作ってくれている気がします。
部屋中にやちむんとガラス、籠が山積みになっています。
昨日、7箱が届いて、この空間に全部出せるのかと
不安がよぎったのですが、ちょうど良い量だったようです。

今日は初日だと言うのに、近所の友人、仕事仲間、仕事でお世話になっている方も
たくさん来店して下さって、皆さんの優しさに触れた一日でした。
百貨店での催事は居場所にとっても困りますが、かなかなは近所でもあり、
二階でまるで番頭のようにすわっていると、とっても落ち着きます。
今回は自分が気にいっている工房のものを入れているので
器たちに囲まれていると、なんとも言えず幸せなのです。

GWに谷根千にぷらっとやってきた方もいらっしゃれば、
やちむんファンもいらっしゃるのですが、部屋に入った瞬間に
「うわー」とか「気持ちがよい~」と声を上げてくださる方もいて
こちらも嬉しくなりました。
あとは「やっぱりこう並んでいても照屋さんが一番素晴らしいですね」と
いう言葉を残していかれた男性方。私もそう思っているので、ニヤッとしました。

明日はかなかなの定休日ですが、5/2(水)~6(日)にかけて
ふくら舎が谷中に出張していまーす。
これからにぴったりのガラスもたくさん揃えてお持ちしています。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ