« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

塩麹を作る

先日、川越に行く用事がありまして、池袋から30分の電車の中で本を読んでいたら

塩麹の作り方が載っていたのです。常々、料理における塩の力を感じているわけですが、

そこに麹が加わったら、どんな変化をみせるのか。想像するだけで、心躍ります。

蔵造り通りの帰り道に立ち寄った酒屋に、麹があったのでさっそく購入。

家に戻ってから、私の一番好きな粟国の塩で作ってみることにしました。

作ると言っても、ほぐして塩と混ぜ、水を加えるだけなんですが。

1これは一日おいた塩麹。

水をすってむちっとふくらんでいます。

ここにまたひたひたの水を加えてから、

常温で一週間から十日おき、発酵させていきます。

一日一回、空気をふくませるようにスプーンでまぜるだけ。

5こちらは昨日の様子。

発酵に入って5日目です。

毎日一粒食べているのですが、

徐々にまろやかになっている気がします。

6_4本日、6日目の様子です。

少し甘酒のような具合になってきました。

早く使いたくてうずうずしているのですが、

あと数日の辛抱です。

まずは、柿と蕪の浅漬けを作りたいな~



深夜のスープ作り

今夜は家でスープを食べようと思っていたのですが、

仕事が終わらず家で作って食べる元気もなくなり、隣町で外食を。

でも夜になって無性にスープが作りたくなってしまいました。

Img_4939_500x375材料は買ってあったので、人参、蕪、セロリ、

キャベツを皮もむかずにざくざく切って、

ごはんやさんで買った鉄鍋に投入。

鶏の手羽元とベーコンんも加えて、水を入れ火にかけます。。

沸騰したら火を弱めてコトコトと。

Img_4943_500x375しなっとなってきたので、塩とこしょうのみで

味付て、少し煮て終了。

これを明日の朝ごはんにする予定です。

スープや煮物は一度冷ましてからがより美味しいので

明日の朝が楽しみです。ごはんに合わせるか、パンに合わせるか。

それが問題だ。





仰木亮彦@沖縄・ASYLUM2011

金曜日に監督の来日が終わったもので、週末を利用して沖縄に旅立ちました。

一昨年の沖縄は「真夏の夜の夢」の中城城跡でのイベントで、

昨年の沖縄はふくら舎のオープンに合わせて。

そして今年の沖縄は、桜坂劇場で行われる音楽イベントASYLUMの

仰木亮彦くんのライブを聴きに(那覇市内の器やめぐりもかねて)。

沖縄は思ったよりずっと暑く汗ばむ状況。ライブ当日に桜坂劇場につくと

劇場の前では大音量のブラジル音楽と共に10名以上のダンサーが

踊り狂う状況で熱さをこえて、放心してしまいました。

仰木くんはと言えば、なんと前日が札幌にて在日ファンクのライブだったので

早朝に起きて札幌→羽田→那覇と日本を縦断して、

桜坂劇場についたのは15時。ライブ開始は16時15分ですから、

ギリギリのスケジュール。北海道土産は羽田に忘れても、遅刻はしませんでした。

今回は私が桜坂劇場の友人兼仕事仲間にプレゼントした「坂」のCDが

縁で決まったライブだったので、せっかくなので立ち合いにまいりました。

前のライブが終わってからの15分間が、客入れしながらの音合わせ。

入口からホールBを覗くと、ちょっと緊張した面持ちの仰木さんがおりました。

客席にすわっていると、音合わせが終わった仰木くんが気づいてやってきました。

「お客さん、入りますかね?」と不安げな言葉を口にした直後、

「そろそろ時間です」とスタッフが。こうして仰木くんのアウェー戦が始まったのです。

谷根千ツアーともなると、たくさんの観客と昔から馴染みの温かい人たちに

囲まれる訳ですが、ここは沖縄、桜坂劇場。大学時代に一年住んでいたとはいえ、

それからすでに7~8年が経過していますから、仰木亮彦の名前すら知らない

人が観客です。そりゃ、不安にもなります。しかも誰も蛇道のことも知らんわけです。

しかし、それがかえってよかったライブでした。

なんかミュージシャンがギター一本で、身一つで、自分の声だけで

闘っているというか、いつもの仰木くんにはない戸惑いと哀愁があったのですよ。

なにしろ、バックバンドもいませんし、ゲストミュージシャンもいませんから

間奏には口笛まで吹き、歌い、奏でるそんなライブでした。

「映ガール」はいつもの快活な感じとも違うブルース調が強くなり、

「シネマサンシャインじゃなくて、桜坂が良いよね~」とは歌えませんでしたが(笑)、

かつて暮らした沖縄への思いを歌った客を初めて披露してくれました。

桜坂で聴く「坂」も格別な味わいがありました。最初はけしてお客さんが

入っているとは言えなかったのですが、徐々にお客さんも増えて

最後はなかなか良い具合でした。

昨日の夜は近くのBarで急遽、ライブをやらせてもらったそうです。

沖縄のライブを経て、仰木くんの詞が曲がどう変化するのか。

これからの活躍が楽しみでなりません。

まかない

映画の初日も終わって今日は余裕ができたので、

久しぶりにGARAGEの店番に行ってきました。久しぶりに牛すじの煮込みを

作ろうかと思いまして。いつからだったから、おでんに牛すじを入れるようになりました。

実家のおでんは塩味でさっぱりとしたものだったのですが、

ある日、思いついて牛すじを入れる関西風のおでんがやりたくなったのです。

それから牛すじの美味しさにはまりました。あの、とぅるっとるぅになる具合が

なんともいえないわけです。

今日も時間をかけて作ったので、なかなかの具合に仕上がりました。

Photo今日はゆで卵を途中で加えて煮卵付きです。

まかないに少し食べたのですが、

出来立てよりもずっと味がしみて美味しかった。

もう少ししたら、ここにぬる燗なんて合わせるとたまりませんね。

あー、横にはやっぱり火鉢がほしい。ちょっとあぶりものなんかもやりながら。

酒飲みにはたまらない季節がやってきます。

残った大根、大根の葉、人参でつくった浅漬けが思いの外いけました。

大根の葉は少し干したかったのですが、今日はあいにくの空模様で

乾燥しないから仕方ない。メイン料理ではなくて、あまりものでもう一品、

何を作るかを考えるのが料理の醍醐味かもしれませんね。

ありがとう、ごはんやさん

この町を初めて訪れた日。今の家を見た帰りに、

不動産やさんに「美味しいお昼ご飯を食べる店はありませんか」と聞いたところ、

連れて行ってもらったのが「お茶とごはんや」でした。

その時は14時をまわってしまい入ることができなかったのですが、

この町に移り住んでから初めて行ったごはんやさんはとっても美味しくて、

なんともくつろぎやすくて、いつも少し心がほっこりして帰ったものです。

頻繁に通っていた訳ではないけれど、「美味しい和食が食べたい」という友達を

連れて行ったり、家族が遊びに来た時や折りをみて通ってきました。

そのごはんやさんが土曜日に閉店しました。

さすがにさびしくて、先週母とランチを食べに行きました。

私が頼んだのは釜揚げしらすとなましらすをのせたどんぶり。

新鮮なしらすがとにかく美味しくて、一緒についてくる小鉢やお吸い物、

今年初めてのみかんを味わいました。

ごはんやさんの何が好きだったのだろうかと思い起こしてみました。

もちろん美味しいご飯。あとは一人で入っても気兼ねなくいられる空間、

そしてどちらかというと無愛想で干渉せずにほっといてくれるのに、

ちゃんと気遣ってくれる程よいお母さんの具合。

昨日、今日とごはんやさんで食器や果実酒などの即売会をやっていたので

行ってきました。欲しいものはいっぱいあったのですが、

400x296すでに食器棚はいっぱいなのでえりすぐって

3つだけ買ってきました。まずは果実酒が入っていた大きな瓶。

梅酒をつけようか、ピクルスを作ろうか?

想像力が大きく広がっていきます。

400x300_3そして初めての重箱。子供の時から母が三段の重箱に

たくさんのおせちを作ってくれました。

いつかは欲しいと思っていて、格安の値段だったので

ついに買ってしまいました。

400x288そして小ぶりの鉄鍋。割れてしまった小さな土鍋のかわりにと

買ったのですが、うちの火鉢にのせるとぴったりのサイズ。

あつらえたような見事な大きさでした。

これで一人すき焼きなんてどうでしょう。まあ、一人でやる必要はありませんが。

ぬる燗を火鉢であっためたら、どんな具合でしょう?

選び抜いた3つを持ってお会計をしてもらって商品を渡された時、

お母さんが「元気でいてね」と一言。思わず涙があふれそうになってしまいました。

いつだったか仕事で疲れてご飯を食べる気力もなくて、

「そんなことじゃあ、食いしん坊がすたる」と力をふりしぼって

ごはんやさんに夕飯を食べに行ったことがあります。

一人大きなテーブルにすわって美味しいご飯を食べおわるかと言う時に

お母さんがポンとみかんを手渡してくれたのです。

あのみかんの美味しかったこと。あー、来てよかったなと思って家まで

テクテクと帰ったものです。その瞬間がよみがえり、

惜しい店がまたひとつ閉店してしまうのだなとしみじみと思ったのです。

でも、娘さんの前途ある未来への門出です。さびしい気持ちになんてならずに、

良い想い出として心にしまっておこうと思います。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ