« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

出会いもの

ずーっとテレビ台を探していました。この前までは古い革のトランクの上に

テレビをのせていたのですが、安定感がないのでさすがに地震がおきると

心配になります。あと、下が空いてないのでDVDデッキが置けないのが困り物。

もう地デジのアンテナも立って、後は設定を待つばかりなので

最近は古道具屋を見ては何かいいものはと思っていたのです。

先週の土曜日、前住んでいた桜新町に紅茶とハーブティを買いに行き、

ちょっと友達の家に寄ろうと歩いていると、急に雨が降ってきたのです。

雨宿りがてら、昔はなかった古家具の店に入ってみると

110422 これが掘り出し物がいっぱい。

そこで見つけてしまったのです。理想的な文机を。

一度友達の家に行ってから戻り、

そのまま大人買い。部屋に置いてみると合いすぎて

前からあったかのようで驚きました。あー、あの食器棚もすてきだった・・・。

110421 そして昨日はパン屋に行く途中で「ご自由にどうぞ」

の文字を見つけ自転車を止めてみると、

味のある茶箱があるではないですか。

110421_2中はこんな感じになっています。他にも色々と。

うちの大量にあるお茶類をしまうことにしました。

110421_3

もう一つはこの壺をもらってきました。

そこまで気に入ったわけではないですが、

味噌を入れるのにちょうどの大きさですし、

お漬物をつけても良いかなと思いまして。最近はうちの中に

古いものたちが徐々に増えてきています。使い古されたものに

囲まれているとなんだか落ち着くんです。

珈琲焼酎を仕込む

昨日から家には紅茶も珈琲もなくなってしまい、今朝は中国茶のライチ紅茶。

忙しすぎて買いに行く暇がなかったのです。

今朝は5時起きでしたが、14時前には仕事が終わったので久しぶりに

桜新町のチャヤテテに。2年前までは近所に住んでいたので足繁く通っていました。

スタンダードな紅茶はもちろん、チャイ用や季節ごとに色んなブレンドティーもあって

色んなお茶が楽しめるお店。ここのレモンミントティは不眠症の人も

ぐっすり眠れる効果があります。仕事で疲れて明日は寝坊をしても大丈夫って

時には欠かせません。マリーゴールドが決め手のようなんです。

千駄木に戻ってから、今度は東日暮里の銀の豆にキリマンジャロを買いに。

珈琲は今週の初めから切れていたので、朝がすっきりせず困ったもの。

これから忙しくなるので、今日は多めに購入。帰り際に煎りすぎてしまった

珈琲豆をお土産にもらいました。これで珈琲焼酎を作ると美味しいと

店長が薦めてくれました。さっそく家に帰って挑戦です。

110416 煎りすぎて黒に近くなった珈琲豆。

110416_2 材料はプラス「いいちこ」です。

900mlを購入。中身を少し減らして

110416_3 瓶の中に豆を投入。

きっちり蓋を閉める。

このまま一週間ほど

置いておくと、

徐々に珈琲豆が下に沈んでいき、焼酎が琥珀色に変わるそうです。

すると、珈琲焼酎の完成となるわけです。その後も置いておけば

味がまろやかになって、時間の経過と共に色んな風味を楽しめるそうです。

どんな味になるのか、今から一週間後が待ち遠しい。

それにしても、ついに酒まで仕込むようになってしまいました・・・。

アボカドの不思議

いつからか忘れましたが、アボカドが好きです。

わさび醤油でそのまま、サラダにしたり、パンに挟んだり、なんとも言えず美味しい。

でもひとつの悩みは、すぐ変色して黒くなってしまうこと。

レモンをかけてみたり努力はするものの、やはり時間と共に変わっていきます。

110413 しかし、今日のこの瑞々しいグリーンを見てください。

変色の兆しもありません。秘密はこれです。

110413_2左上に見えるのがアボカドの種、

サラダなどを作ったときに一緒に種を

混ぜておくと、なぜかわからないけれど

変色しないのです。タッパーのまま冷蔵庫に入れて、次の日にあけても

まだグリーンのままでした。地震から一ヶ月した夜、また地震があって

怖いから友達の家で酔っ払ったいたのです。その時、奥さんが教えてくれました。

奥さんはケンタロウが言ってたのを実践していたそうです。

ケンタロウったらすばらしい。アボカド好きとしてはかなりこれから役立つはず。

やっぱり料理は味はもちろん、色合いが大切ですからね。

谷中の花見

去年の桜の時期は近所の色々なお寺を散策して桜を楽しみました。

今年はまだ二分咲きくらいでしたが、谷中霊園に花見に行ってきました。

世田谷に住んでいた時は砧公園や呑川のほとりで桜を楽しんでいたので

まさかお墓で桜を愛でるとは思ってもみませんでした。

でも、この町では普通のこと。昔から桜の樹の下には死体が埋まっているって

いいますしね(笑)

Photo 自粛ムードもふっとばすべく、午前中からたくさんの

シュウマイを蒸しました。いつもは豚肉と玉ねぎだけですが

今日は干し貝柱も入れた豪華版!

タッパーじゃ面白くないので、大きなワラビ籠につめて風呂敷で包んで

自転車に吊るして出かけました。

110403 ブルーシートの上でもちょっぴり粋です。

焼き豚、牛肉と葱の炒め物、蕪の桜漬け、お漬物など

次々にみんなの手料理や日本酒の瓶が増えていきました。

自粛とか言ってたら余震のストレスで変になっちゃうので、

みんなで福島の日本酒で乾杯しました。さすがに寒かったので、

2時間くらいで私は退散。夜にはRe+Cafeでとんかつ屋のご主人が

ギター片手に流しを。いつまでたっても来ないと心配していたら、

福島の友人に支援物資を届けてきたそうです。

ご主人の熱唱をまた聴きたいものです。

ワンタン

地震が起きてからというもの、ガスをつけている時に揺れると怖いので

料理も怠りがちでした。しかしんなことでは美味いもの好き、

料理好きがすたるってもんです。やっとカレイの煮つけを作ってみたり、

羽釜でご飯を炊いたり、先週は久々に笹塚のキャンティに友達とお出かけ。

食いしん坊の本領を発揮しつつあります。

110402_2 今日のお昼ご飯。白米に納豆。

納豆には「よっちゃんなんばん」をちょろっと。

醤油とは一味違う味を楽しめます。

110402_3 最近のお気に入りはワンタンです。

今日はスープに。小鍋にしたり、茹であがりを

シークァーサーポン酢でつるっと食べたりと色々と。

夏なら冷やしても美味しい。ワンタンの良いところは、餃子と同じで

冷蔵庫にあるものを細かく切ったらなんでも具になるところ。

今日のワンタンは、豚バラ肉のあまりを荒めに叩いて小エビの荒みじん切りを。

そこに蕪の葉とごぼうのみじん切りを加えてこねました。

香菜をたっぷり入れたらまったく別物になるし、長葱や椎茸でも

これまた美味しいんです。味付けも適当。今日は塩、こしょう、ごま油、

紹興酒だったかな。餃子も大好きですが、私はワンタンの皮の食感が

なんとも言えず好きなんです。具は入れすぎずに、皮のつるんと感を

楽しむに限ります!

岳樺のパン皿

先日、名古屋のmokodiというすてきなお店に行ってきました。

日本各地の器や雑貨がたくさんあって、近所にあると危険なお店です。

110402 その中で特に気に入ってつい買ってしまったのが

この岳樺のパン皿。一目ぼれでした。

大きさといい、木目といい、肌ざわりといい

たまらなく惹かれてしまったんです。朝食のパンはパン籠にのせるか、

おかずがのったお皿の端にのせていたのですが

持ち帰った日からはいつもこれです。パンの蒸気を吸収するそうで

パリッと感が持続するそうです。

今朝は上階の火事にも負けず復活したブランジェリー・イアナックの

カンパーニュにカルピスバターを塗って。バターナイフは友達のフランス土産。

たしかオリーブの木でできていると聞いたような・・・。

北海道とフランスがしっくりきちゃうから不思議です。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ