« 小さな歓び | トップページ | 岳樺のパン皿 »

日常に戻す

あの地震から二週間が過ぎました。長い長い二週間でした。

東京では徐々に日常が戻っては来ていますが、報道される被災地や福島の状況、

今も続く余震、節電など今までにない状況は続いています。

気持ちが落ち込んだり、すぐ疲れてしまいます。そんな中、今日は朝から

部屋を元に戻すことにしました。また落ちることを考えて、

床に置いたままになっていた本や置物などを元に戻して、家中の掃除を。

110326_3そうすると思いのほかすっきりして心が落ち着きました。

二週間ぶりにちゃんと我が家に帰ってきたような

そんな気分です。 避難リュックはありますが。

また地震で落ちたら、もう一度直せば良いのです。

地震が起きた時、家にいました。自分が好きなもので作り上げた部屋が

壊れていくのを見ているのは、初めて味わう恐怖でした。

地震が終わった時は、家の中はめちゃくちゃになっていました。

110326_5前に進み始め、前にひっくり返りそうになった食器棚だけは

必死で横から支えて守りました。努力の甲斐あって

中の食器は無傷ですみました。

たまたま営業に持って行くために、いくつか食器を出していたのが

良かったのかもしれません。皆にまずは自分の身を守れと怒られましたが、

これが全部壊れたら、きっと立ち直れなかったと思うのです。

愛用のおひつが割れましたが、また良いものを探そうと思います。

まだ余震や原発、計画停電、被災地のことを思うと不安は続きますが、

いまここで生きていることに感謝して、ひとつひとつ日常に戻すように

毎日を送っていこうと思います。あまり無理はせずに。

« 小さな歓び | トップページ | 岳樺のパン皿 »

家作り・暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日常に戻す:

« 小さな歓び | トップページ | 岳樺のパン皿 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ