« 春の陽のひかり | トップページ | 間接照明のススメ »

何を盛るのか?

最近、料理をすると「この料理をなんの器に盛りつけるか」を考えるのが

楽しみでなりません。そんなにたくさんの器があるわけではないけれど、

この料理をどう生かすかを考えると、そのお皿の特徴がわかってきます。

110206 先週は鶏もつ煮を豪快に盛り付けた白イッチンには

魚介ののマリネ。料理の美味しさをこのお皿が

広げてくれる気がします。

110206_2 お次はグリーンの色が特徴的ながイッチンに

ワンタンを盛り付けてみました。

もっと海老のピンクが目だってきれいになるはず

だったんですが・・・。ワンタンとお皿の色が同化してしまいました。

110206_3 母からもらった益子焼きの大皿には生春巻き。

細長い大皿は普段なかなか使えないので

大人数のお客さんの時にはテーブルの真ん中に

バーンと置きたくなります。お店では切って出てくる生春巻きですが

家ではそのまま丸ごとで出します。中に刻んだピーナツが入っているので

口に入れた時に気づくと、驚きと美味しさが広がるんです。

やちむんのお猪口をタレ入れとして活用。

このお皿の青緑色は料理を引き立たせてくれます。

110206_4 最後は青色のイッチン。

昨日はミニトマトのにが甘蜜和えでしたが、

今日はいちごのあま王です。

なかなかの迫力ですね。ちょっと工夫するだけで、

美味しさが増す気がするから不思議です。

あのバランスが最高だったと思い出したりするのですが、

きれいに盛り付けると早く食べて欲しくなってしまって

すぐ出してしまうので、写真を撮るのは忘れがち。

« 春の陽のひかり | トップページ | 間接照明のススメ »

家作り・暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何を盛るのか?:

« 春の陽のひかり | トップページ | 間接照明のススメ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ