« お正月の準備 | トップページ | お正月の甘味 »

実家のお正月

明けましておめでとうございます。

大晦日から実家に行き、三が日は実家で過ごしてきました。

一人暮らしは気ままで快適ですが、年末年始ぐらいは親孝行です。

100101 うちの実家では元旦のお昼に兄弟の家族が集まって

お節とお雑煮を頂きます。大晦日に帰省するのは

そのお節作りの手伝いなのですが、

今回はお義姉ちゃんもいたので私は片手間でもはかどりました(笑)

100101_2 一の重は栗きんとん、ごまめ、なます、黒豆。

今年からお重も新しくモダンなデザインに変りました。

この栗きんとんのサツマイモの裏ごしが、

私が小学校の頃から毎年担当している仕事です。マッシュポテトの道具などで

手間を省いたこともありますが、根気良く裏ごしした方が絶対に美味しいのです。

100101_3 二の重は信田巻き、紅白かまぼこ、伊達巻です。

伊達巻ははんぺんと卵、砂糖で作るのですが

手作りはしっとりして格別な味わいです。

100101_4 三の重は筑前煮。

さやえんどうと人参で彩りを添えて。

100101_5 お雑煮は関東風。かつおのお出汁に

鶏肉、椎茸、お餅を入れて

三つ葉と柚子を載せたもの。

100101_6 こんな風にちょっとずつお皿に載せると本当に美しい。

一皿に日本のお正月の豊かな彩りが。

子供の頃から繰り返し食べているものですが、

飽きることはなく、やっぱりお正月にはまた食べたくなる味です。

そして夜の食卓と言えば、お節ももちろんあるのですが

100101_7 ここに母特製の豚の角煮が加わります。

付け合せは大根と小松菜。煮汁がしみた大根と

湯がいて添えた小松菜とのバランスが絶妙なんです。

100101_8 コトコトと長時間かけて豚バラを煮て作るので、

脂身がぷるぷるです。

うちの実家のお正月の定番でこれを食べないと

お正月が来た気がしない一品です。

« お正月の準備 | トップページ | お正月の甘味 »

実家御飯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実家のお正月:

« お正月の準備 | トップページ | お正月の甘味 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ