« 新生糠床 | トップページ | 『番場の忠太郎/瞼の母』@谷中祭り前夜祭 »

天井照明をかえました。

井いよいよ、部屋作りも最終段階に入ってきました。

やっとリビングに合いそうな照明を買ったので、今日は午前中から

電気屋さんに工事をしてもらいました。

091009 まずリビングの照明は横広がりのちょうちんタイプ。

骨組みがこげ茶色になっています。

091009_3 全体を見るとこんな感じです。

色は生成りで、素材がシルクなので

光がやわらかくていいんです。

昨日まで付いていた蛍光灯が

明るすぎたもので、最近は間接照明だけで過ごすことも多かったのですが

これで普通に電気がつけられます。

091009_4 寝室は前の家でも愛用していた蓮型のタイプ。

下についていたふさは取り外して、

天井の高さに合わせてコードを半分にしてもらいました。

091009_5 なんだか幻想的な雰囲気になりました。

この蓮型照明は天井に独特の影が出来て

ベッドに寝転んでみると、とても心地よいのです。

カーテンを閉めて眠ると、明け方の朝日で

繭の中にいるような錯覚にとらわれる不思議な寝室です。

照明をかえただけなのに、

居心地の良さが格段に増した気がします。

また、出かけるのが嫌になってしまいますね。

« 新生糠床 | トップページ | 『番場の忠太郎/瞼の母』@谷中祭り前夜祭 »

家作り・暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天井照明をかえました。:

« 新生糠床 | トップページ | 『番場の忠太郎/瞼の母』@谷中祭り前夜祭 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ