« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

チャーチチェア

引っ越して以来、近所のお店で気になっていたチャーチチェアを

郵便局に行った帰りに、大人買いしてしまいました。

映画の初日も迎えましたし、頑張った自分へのご褒美ってことで。

090728 家まで手でもって帰ったのですが、

驚くほどしっくりと部屋に合うんです。

直感は大切ですね。

ちなみにテーブルはまだないので、椅子だけなのですけれど。

090728_2 お店の方が「新聞入れるところがあるので」と

驚きの発言をしてましたが、ここは賛美歌や

聖書を入れる場所なのではないかと思うわけです。

これでも幼稚園から中学生まで、毎週日曜に教会に通っていたので

それくらいはわかります。

リビングにぽつんと置いてあるのですが、無意味にすわって

考え事とか、ボーっとしたり、お茶を飲んだりしています。

ソファか座布団、あとは台所のスツールが定位置だったので

若干目線が高いとなんだか印象が違うもの。

テーブルがきたら、どうなるのか。まだ未知数です。

沖縄マンゴー

この季節、果物屋やスーパーの店頭にはペリカンマンゴー、

アップルマンゴーに宮崎マンゴーなど各地のマンゴーが並んでいます。

それにしても宮崎マンゴーは高い。なんなんだ、あの値段。

昨日、銀座のわしたショップ(沖縄物産)に行っていたのですが

そこにもマンゴーが色々と。

「沖縄のマンゴーは小ぶりのがいいよ」と沖縄在住30年の

中江監督が教えてくれました。

地元のスーパーに小さな沖縄マンゴーが3つ入りで売っていたので

さっそく買ってみました。3つで800円。

090727 最近覚えた切り方を実践。

マンゴーは昔から好きですが、これがかなり美味。

この小さな実にぎゅっと美味しさを凝縮した感じなんです。

甘みもあって味に深みもある。

大きなマンゴーはどうしたって一人じゃ食べきれないですが、

この大きさなら、一人暮らしにもぴったりのサイズです。

あー、癖になる味です。

伊是名島定食

「真夏の夜の夢」の初日があったので頭の中は、またも沖縄気分でいっぱい。

初日はアロハ着て出かけたし、舞台挨拶ではみんなでカチャーシー!

マスコミ対応があって、自分が踊れなかったのがちとさびしくもありました。

映画館では、映画の撮影地・伊是名島の特産物がいくつか売っていたので

黒米、油みそ、もずくを買っておきました。

090726_2 日曜の夜にやっと家でご飯が食べられたので

「伊是名島定食」と相成りました。

全部じゃないですけれど。

090726_3 伊是名特産のもずくで「もずく酢」を。

三杯酢と混ぜて、しょうがをちょいと。

090726_4 白米に黒米を大さじ一杯まぜて

韓国石釜で炊いた赤飯で

おにぎりを。

歯ごたえがあってむちっとしてとっても美味しいのです。

朝ごはんに炊いたご飯を小さめの塩むすびにして、

仕事の合間に仕事仲間に上げました。残ったものを夕飯にしたわけです。

こう暑いと汗だくでバテてバテて仕方ないので、

体力維持にはやっぱりお米に限ります。

箸置き

090722 すべてはここから始まりました。

私が初めて実家を出て一人暮らしを始めるときに

おばがくれた箸置きです。

最初は5つセットだったのですが、年をおうごとに減り

今や最後のひとつに・・・。ぼやけてよく見えませんが、

黒船来航みたいな感じのオランダ風の絵なんです。

色味も絵もすごく私好みで、生まれて初めて箸置きの良さを知りました。

そして今やすっかり箸置きオタクです。

090722_2 京都の茶わん坂で一目ぼれした

「鳥獣戯画」のもの。

090722_3 スプーンも置ける万能タイプ。

表参道で買ったのですが

この後お店が閉店に。

090722_4 鎌倉でやっていた「蓮展」で買いました。

蓮の花も大好きですが、

蓮根は形も、味も食感も大好きなんですよ。

090606

表参道のmarimekkoの並びにある

「かぐれ」で買ったもの。1つ300円台なのに

こんなにキュートなので大人買い。

普通の箸置きより、かなり小さいのがちょこんとしてかわいいのです。

090722_5 そして今日、谷中の「さんだら工芸」で

店の片隅にちょこんといるのを発見した

魚の箸置きです。

ひとつずつ、表情も鱗も、尾びれの形も違うんです。

一人暮らしなので、こんなに必要ないのですが

ついつい手が伸びてしまう一品です。

友人を家に呼んだ時に、大活躍しています。

ご飯を食べている時に、一息ついてお箸をおく時間って

とっても大切なひと時だと思うのです。

ガツガツ食べるのではなく、味わうというか、余裕というか。

よく噛むことも大切ですからね。

買いたいためのただの言い訳かなー?

「さんだら工芸」

東京都台東区 谷中7-18-6 TEL:03-5814-8618

不忍池

090720_4

やっと自転車を買ったので、今日は地図を片手に

090720_2 「不忍池」まで散歩に。

母から借りているとんぼ柄の

ぞうりを履きました。

家から10分ほど自転車をこぐと、あっという間に

090720_3上野恩賜公園」に到着。

午前中なのでちょっと曇り空。

090720_5 中に入ると大きな大きな

「不忍池」が広がっています。

なぜこの池にずっと来たかったか。

090720_6 池の一部分が蓮池になっているからなのです。

090720_7 いつからだったか一番好きな花が

蓮になりまして、去年は京都の

三室戸寺」まで見に行きました。

千駄木に引っ越しを決めてから「8月には不忍池で蓮を見る」というのを

ずっと楽しみにしていたのです。まだシーズン前ですが

これが徐々に咲き始めているではないですか。

090720_8 まだぎゅっと硬い蕾。

090720_9 ふっくらとしてきています。

090720_10 ふわっと

開いたところです。

本当に美しい姿。

090720_12 アップにすると優美です。

090720_13 こちらは丸みをおびた形の花ですね。

090720_14 散る前の状態なのか。

真ん中の花芯が

はっきりと見えます。

どの姿も目を奪われる美しさ。お釈迦様と一緒に描かれる意味が

分かる気がします。蓮を堪能した後は、

090720_15 柄杓で水を汲んで手を洗って、

090720_16 お線香を焚いて

煙を身体に少しかけました。

この町はいたるところで

お線香の匂いがします。。歩いていてふわっとお線香の香りに

包まれるとなんだかほっとするから不思議です。

実家でお線香を焚いたことなど一度もないはずなのに、

祖母の家を思い出すからでしょうか。

090720_17 〆はもちろんお参りです。

日々の健康を祈ってきました。

8月になったら、また来たいと思います。

今度は満開でしょうか。

「不忍池」

東京都台東区池之端3丁目

根津とうふ工房 須田

先日、根津在住の友人が「根津土産に」と掬い豆腐をくれました。

090719_19 それがこの「根津とうふ工房 須田」のもの。

口当たりも、のどごしも、味も絶品。

そのままでも濃厚な豆の味がたまらないのですが

オリーブオイルをちょろりとかけるとまた格別。

「トーキョーバイク」の帰りに、今日は「豆乳入りよせ豆腐」を購入。

090719_20 豆乳につかっているので汁物代わりのイメージです。

10穀入り玄米と卵焼き、蒸し野菜をあわせました。

090719_21 この濃厚な豆乳がこれまた美味!

口の中でほろっとなるお豆腐。

病み付きになる味です。

「根津とうふ工房 須田」

東京都文京区根津2-19-11 TEL:03-3821-0810

トーキョーバイク

引越しの時、長い間乗ってサドルはボロボロ、サビもひどかった

自転車とお別れをしてきました。それから一ヶ月。

自転車がないと、どうしてもあとちょっとの遠出ができないのです。

蓮の時期には不忍池に朝から行きたいので、そろそろ自転車を

買おうとずっと探してきました。

ルイガノにしようかと思って見たのですが、どうもピンとこない。

そして今日ついに「トーキョーバイク」に辿り着いたのです。

ただの直感です。

夕方に根津のお店までテクテク歩いて行ってきました。

見た途端に「これしかないな」とピンときました。

試乗をさせて頂いたのですが、細いボディなのに乗りやすく

サドルの具合もちょうど良し。ギアが7段階あるので坂もスイスイ。

問題は色です。モスグリーンにするか、ブルーグレイにするか

散々迷ってしまいました。在庫がある方にしたので1時間で

組み立てが完成するというので、ちょっと根津散歩に。

090719_15 さすがに暑いので途中からは

「cafe NOMADO」でコーヒーブレイク。

大人の雰囲気漂う静かな店内で

どんな自転車が出来るのかなんて考えながら待つ時間は心が躍りますね。

090719_16完成品を 「トーキョーバイク」の前で記念撮影です。

090719_17 「TOKYO BIKE BISOU 26」という

型のもので、DARK GREENです。

他は全てスポーツタイプですが、

これは町に適したタイプです。籠がないほうが華奢でかわいいのですが、

どう考えてもあった方が便利なので、籐の籠と、ライト、ベルをつけてもらいました。

前の自転車がスポーツタイプだったので、今度は膝丈のスカートでも

乗れるタイプが欲しかったので、まさに理想どおり。

帰りは自転車で帰ってきましたが、昨日まであんなに時間がかかった

散歩が一瞬で終ってしまいびっくり。

090719_18 購入の記念に自転車柄の手ぬぐいを

貰ってしまいました。なんともユニークな一品です。

一ヵ月後には点検をしてくれるそうです。

これからは歩きと自転車をうまく利用して

谷根千や上野を満喫しようと思います。

「トーキョーバイク」

東京都台東区谷中1-5-11 TEL:03-5834-1819

「cafe NOMADO」

東京都文京区根津2-19-5 TEL:03-3822-2341

根津神社

洗濯機を回している間に、今日は「根津神社」に散歩に

行ってみることにしました。勝手に遠いと思っていましたが

地図をみてたら、十分歩ける距離でした。

いつものビーサンに、日差しが強くなりそうだったの麦わら帽子を

深くかぶってお出かけです。

090719 千駄木二丁目の坂をあがって少しすると

立派な赤の鳥居が見えてきました。

どうやら工事中のようなので右回りで進むことに。

090719_2 少し行くと別の鳥居と階段が。横の看板には

なぜか「朝の来ない夜はない」の文字。

090719_3 階段は昇らず左に進むと

これまた違う鳥居が。

「乙女稲荷」というなんともかわいい名が。

090719_4 朱色の鳥居の合間を抜けていくと

すまし顔のお稲荷様が。

090719_5 きれいな朱色が特徴的です。

商売繁盛にもきくようなので、

お賽銭を入れて来週公開の

映画のヒットをお願いしました。

もう後は神頼みしかありませんからね。

090719_6 ふと下を見るとかなり大きな錦鯉。

金色に光っています。

よーく見ると黒も。

090719_7 離れた位置から見ると樹木の緑の中に朱色の建物が

浮かんでいるようで幻想的でもあります。

090719_8 そのまま進んでいくとまた朱色の

ちいさな鳥居が連なっています。

少し頭をかがめて朱色の世界を

歩いていると、なんだか

ふわふわしてきます。左右の柱に「商売繁盛」など

願い事が書かれているので、これが叶うんじゃないかという錯覚が。

090719_9 鳥居を抜けると今度は緑に囲まれた池が。

090719_10 亀がのそのそ。三匹かと思いきや

池の中で一匹悠々と泳いでいるんですよ。

なんだかおおらかな気持ちになります。

0719 そのまま真っ直ぐ進むと、もう一方の入り口に。

090719_11 境内にもう一度戻って

柄杓で水を汲んで手を洗いました。

しゃきっとするくらい冷たい水。

歩いているだけで汗が流れるので、なんともありがたい。

090719_12 境内の様子も落ち着いていて

驚くくらい人が少なくて良いですね。

千駄木の方の入り口に戻って帰ることに。

京都に行ったときはお寺や神社ばかり回っていましたが、

こんなに身近な場所に緑豊かな落ち着く場所があるなんて

幸せなことだな~

090719_13 帰り道は適当な路地を入って

一人テクテク散歩です。

090719_14 この路地の奥には

「KINGYO GALLERY」なる建物が。

閉まっていましたが、

蔦の感じがとっても良い空間を作り出していました。

そのまま蛇道(ということを今日知りました)を通って家へ。

一時間弱の散歩でしたが、たくさん汗をかいても

なんとも爽やかな気持ちで帰ってきました。

さあ、晴れてきたから洗濯物を干さないと。

「根津神社」

東京都文京区根津1-28-9

ノスタルジア~丁子屋

谷中や千駄木あたりは週末になると、地図とカメラを持った

待ち歩きのお客さんでずいぶん賑わいます。

年配層から若者、カップル、外国人の観光客まで。

それだからなのか、いろんなお店が平日の月曜、火曜に休みが集中。

土日だけ営業のお店もあるくらいです。

今日は土日だけ営業の古道具店「ノスタルジア」から

よみせ通りをそのまま真っ直ぐ根津方向に

手ぬぐいの「丁子屋」までお散歩することに。

よみせ通りは毎日通っていますが、そのまま三崎坂を越えて

根津の方にずーーーーーーっと歩いていくと「丁子屋」にたどり着きます。

その通りを今日は植物に目を向けて歩いてみました。

090718 三崎坂を越えてすぐの壁には蔦の緑と

鮮やかなオレンジ色の花が。

090718_2 テクテク歩いていると

今度は野苺か木苺が。

ただの道端なのに、なんだかすごい。

090718_3 今度はミモザかと思ったけれど、

葉っぱの形もよく見ると花もまったくの別物ですね。

090718_4 こちらはサボテンの一種ですかね。

この手の植物はいろんな家の軒先に

見かけます。

090718_5 こんなに鮮やかな

赤いハイビスカス!

沖縄じゃないですよ。

ちょっと視点をかえるといろんなお散歩は楽しいものです。

090718_6

そして「丁子屋」に到着。なんとも素敵な店構え。

「おじゃまします」と入ってみると、古典柄からモダン柄まで

ありとあらゆる手ぬぐいと道具入れなのか

小袋などが所狭しと並んでいます。どれも欲しくなってしまいますが

今日はシンプルな縦縞のものを一枚買いました。

090718_7 今日の収穫です。

かなかな」で前から目をつけていたちりとりを購入。

棕櫚の箒とコンビで大活躍してもらおうかと。

ちいさな箒はおまけでつけてくれました。

すすきで出来ているそうです。下が「丁子屋」で買った手ぬぐいです。

しゃれにならない暑さの日は手ぬぐいに限ります。

タオルみたいにかさ張らないし、

すぐ乾くからバッグの中でも邪魔にならないので。

「丁子屋」への途中にはこじんまりとした素敵な雑貨屋、

シャツオーダーの店や、少し過ぎた所には機織りの店まで。

こんななんでもない小道なのに、谷根千は深いの~

「ノスタルジア」

東京都台東区谷中3-14-4 TEL:03-3828-2810

「丁子屋」

東京都文京区根津2-32-8 TEL:03-3821-4064 

ゆばとふ YAMATO

最近、9月公開の映画の取材が毎週のようにあります。

このチームはかなりグルメなので、スタッフはお昼のお弁当や差し入れに

いつも美味しい何かを探しています。

この前は新御茶ノ水にある「笹巻けぬきすし総本店」に

お遣いにいきました。

今日は松屋銀座の地下「ゆばとふ YAMATO」の

090717_2 「小てまり弁当」を取りに。

驚くほどかわいいお弁当でありました。

私はもともと湯葉が大好きなもので

生湯葉のオンパレードにかなり感激。

仕事の合間にぱぱっとご飯を食べなければならない時に、

小さくご飯がまとまっているだけでこんなに食べやすいものなんですね。

お肉も魚も煮付けも、どれも味付けのバランスが良くて

今日は花丸のお弁当でした。

「ゆばとふ YAMATO」

東京都中央区銀座3-6-1 松屋銀座本店B1F

野菜だけの朝食

訳あって今日から野菜生活をしようと心に決めました。

090717 目指せ!血液サラサラ。

切っただけのトマト、ゆでキャベツ、

スライスしてしゃきっとさせた玉ねぎ、

お手製なますにヨーグルトです。

玉ねぎとキャベツにはちょろっとオリーブオイルと醤油を。

朝はどうしても野菜を怠りがちですが、早朝から野菜を食べると

しゃきっとした気分になりますの。

梅雨明け

本日、東京の梅雨が明けました。

090714 仕事場から谷中の空を撮ってみました。

夏の雲ですね。いよいよ、夏本番。

家が風通しがいいもので、時々送風をつけるくらい。

どこまで冷房なしでいけるだろうか。

沖縄で汗を大量にかいて以来、なんだか冷房が嫌いに。

しかも沖縄から帰ってから、やたらと蚊に刺されるようになりました。

今まで周り中が刺されてもほとんど刺されることがなかったのに。

急に体温が上がったのかな?不思議です。

棕櫚の箒

この家に引っ越してきてから、気になっていたのが埃の存在。

前の家と比べてずいぶん広くなったし、カーペットをやめて

全面フローリングのままなのでとにかく埃が目立つ。

しかも日中家にいる時は冷房つけずに、家中の大きな窓を開け放っているので

風が通るのはいいけれど、埃もたつわけです。

最近は早起きなので、毎朝、クイックルワイパーをかけるか

水拭きをしていたのですが、なぜか掃除機を出す気になれないんです。。。

090713 という訳で本日、秘密兵器を購入。

090713_2 まっ、箒なんですけれど。

でもただの箒ではありません!

国産の棕櫚の箒です。

今は中国産のものがほとんどで

国産の棕櫚はほとんど無くなってしまい、倉庫にしまってある在庫で

作り終われば消えてしまうそうなんです。

数年前から漠然と「棕櫚の箒がほしいな~」とは思っていて

京都の箒店で値段にげんなりして小箒を買って帰ってきたり

していたのです。

箒を買うために京都まで行けないしなと思っていたら、

雑誌クロワッサンに京橋の「白木屋中村傳兵衛商店」のことが

載っていたんです。ここしかない!と心に決め、

仕事の帰りに寄ってみた次第です。

店内にあるのは箒、たわし、ちりとりなど掃除用具ばかり。

しかも箒の数がすごいんです。好きに掃いてみてと言われて

掃いてみるとこれが感触がどれも違うんです。

棕櫚でも中国産、中国産の太いものではまったく違うし、

柄が引っ掛けられるようにステッキタイプになっているものなど

いろいろあるのです。しかもお店の人がどう違うかや使い方など

細かく教えてくれます。

私が買ったのは国産の棕櫚の箒。70センチくらいのもの。

090714 あまり大きくてもしまう場所に困るので

小ぶりのものにしました。国産の棕櫚の良いところは

一本一本が細いので埃を絡み取って

逃がさないところ。お店の人は「モップのような感覚」とおっしゃっていました。

今朝は茶殻を使って掃除をしてみました。少し水分がある茶殻だと

埃やゴミと絡まってちょうど良い具合に集まります。

しかも小ぶりの箒なので、長いものと違って腰を曲げたり色々と動くので

なかなか良い運動になりますね。

090714_2 収納は本棚の横に吊るす形に。

お店の方のアドバイスです。

左が京都で買った小箒。机の上や本棚で大活躍中。

棕櫚は水に強いので丸まってきたり、汚れたら毛先だけ

水洗いしてよく乾かせば良いそうです。

そうやって丁寧に使えば10年は使えるそうなので、大切に使おうと思います。

自慢の箒なので、見せる収納にしてみました。

仕事場@窓際

引っ越してきてからの一ヶ月、家での仕事は文机で。

なかなか快適ではあったのですが、さすがに腰に疲れが・・・。

今日、やっと注文していたデスクが到着。

090712_2 無印良品のいたってシンプルなデスクと

キャビネットです。窓際なので仕事をするにも

風がすーっと通って快適です。

090712_3 寝室の片隅なのですが

本棚の横なのでなんだか書斎風。

フリーで仕事をしていると

家での仕事場はかなり大切です。居心地がよくて仕事がはかどる

作りにしないといけませんからね。ダンボール2個分の仕事用具も

なんとかうまくしまい込みました。

今は片付いていますが、この状態をいつまで維持できるのかは

かなり心配なところです(笑)。

風鈴

近所に住んでいる友人が引っ越し祝いに「風鈴」をくれました。

千駄木に引っ越してきてから、風鈴がほしくってどんなのにしようかと

ずっと悩んでいたもので、どんぴしゃなプレゼント。

090712 しかもこの形と色、あまりない感じが

気に入っています。音もすずやかできれいなんです。

でも取り付けてから三日位すると

音が鳴っていないことに気づいたんです。

「なぜ?」と風鈴を見てみると、下の紙の部分が雨と風で

どこかに飛んでいってしまったのです。

手ごろな紙がなくてそのままにしていたのですが、

昨日、隣町に引っ越してくる友人がお手伝いのお礼といって

「中川」の唐草模様のふきんをくれたんです。

その包み紙がかわいかったので、ちょっとした工作を。

前までの洗練された雰囲気とは違って、どこかユニークな

風鈴になりました。この方が私の家らしい気がします。

かんざし

毎週よっている「かなかな」に今週も寄ってみました。

来週、根津に引っ越してくる友達にこのお店が見せたくって。

ずっと気になっていたかんざしを買いました。

090711_3 とにかく最近暑いので、髪をゴムでしばって

ばかりだったので、ここらでちょっと趣きを変えたくて。

この左のかんざしは、上の玉がねじると取れるので

自分の好きなとんぼ玉なんかに石を変えることも

出来ると店主のおば様が教えてくれました。

家に帰っていろいろあるものを確認していると

090711_4 しっくりくる金の玉を発見。

三段重ねにするとなんだか趣きがかわって

オリジナルになりました。

見た目がマジルーっぽい。

この夏は特に活躍しそうです。

ぞうり暮らし

沖縄の牧志公設市場の入り口にある「てるや」という

昔からの感じの雑貨と食材のお店によりました。

090704 おばあが一人、店番しているお店です。

ここでしりしりスライサーや食材をいろいろ買ったのですが

090711 今一番気に入っているのは

このぞうりです。

今度の家もフローリングで

ずっと裸足で過ごしていたのですが、このぞうりを見てこれがいいと

ピンときたのです。履くと足の裏が気持ちよくて、なんだか血行も

よくなる気がします。

090711_2 そんな訳でずるずるの長さのワンピースやスカート、

ダボダボのパンツに合わせて、

家ではいつもぞうりです。

最近は近所に行くときはビーチサンダルか紫の鼻緒のぞうり。

一度履きなれると、靴が履くのがなんだか億劫というか・・・。

地元でだけですが、なんか足がのびのびとして良いものです。

毛家麺店②

「毛家麺店」に行きたいと思う日は、なぜか火曜日。

悲しいことに火曜は定休日なんです。そうなるとさびしく、

毛沢東の顔を見て通り過ぎるしかありません。

今日は久しぶりに金曜なのに行きたくなって、行ってみました。

090710 この前は坦々麺だったので、今日は違うものに。

「水餃子」と「にんにくの芽と砂肝の炒め物」を

注文してみました。

見るからに美味しそうじゃないですか。

すごく嬉しいことですが、この二品を同時に出してくれるんです。

アッツアツが二品並んで、ご飯や麺を頼まないときは

交互に食べるから楽しくて美味しいわけなんです。

ぷりっとした丸い水餃子に、ピリ辛の砂肝とにんにくの芽。

店中がカップルだったんですが、カウンターで一人、

にんにくの芽のガツガツ食べる私です。

友達とご飯やに行くのはもちろん大好きなんですが、

一人で行くとご飯そのものを美味しさを純粋に楽しめるから

それも良いと思うわけです。お酒も飲まずに、

素のままの気持ちで料理だけを楽しむってのも

とーーーっても贅沢な時間だと思う今日この頃でありやす。

「毛家麺店」

東京都文京区千駄木3-34-7 TEL:03-3823-0039

バナナトースト

今週は取材三昧だったのですが、宣伝会社の友人の誕生日と

監督の取材だったので、差し入れに「バナナケーキ」を焼きました。

大きなバナナを2本使うのですが、おもいっきりバナナそのものの

味がするのでお気に入りなんです。

バナナはだいたい4本で売っているので残ったバナナを

朝ごはんにしてみました。そのまま食べても美味しいですが

090708 今日は「バナナトースト」です。

食パンの上にバターを塗って輪切りバナナを置いて

高温のトースターで10分くらい焼くと

バナナが絶妙にとろけて、じゅわっとして美味しいんですよ。

半分だけに蜂蜜をちょっぴりたらすと、味のバリエーションが楽しめます。

今日はチャイを合わせてみました。これは癖になる美味しさです。

シナモンをちょっとふってもいいですね。

最近早起きなので、早めにご飯を食べて仕事前に掃除や

洗濯をこなしたりしています。そうすると、なんか身体の調子が

いい気がしますね。規則正しい生活というのはいいものです。

入谷の朝顔市

7/5(日)に沖縄出張から帰ってきたのですが、

7/6(月)からは入谷で「朝顔市」が始まりました。

下町にせっかく引っ越してきたのでこれを逃す手はないと

近所の友人と朝8時に待ち合わせして歩いて入谷まで。

鬼子母神にお参りして、帰りに4種類の朝顔の咲く鉢植えを買いました。

090706_2 “おそれ入谷の鬼子母神”って書いてあるんですよ。

海老茶色の朝顔「団十郎」も咲きますよ。

友人が教えてくれたのですが、海老茶というのは

海老蔵が好きな茶色だから海老茶と

呼ばれるようになったそうで、その海老蔵が団十郎になったので

この海老茶の朝顔は団十郎と名づけられたそうなんです。

朝顔の名前になれるなんて、なんとも粋です。

帰り道、朝顔を買って浮かれて花屋によって

下にしくお皿を買ったのですが、お店のおじさんが

「それいくらだったのよ?」と超不機嫌。2000円と答えると

「うちなら同じの1400円。ぼったくりだよ」と怒っておりました。

そんなこと分かっているんですよ。でも朝顔市で買いたかったんだから

仕方がありません。値段の分だけ大切にして

今年はいっぱい咲いてもらいましょう。

朝顔は朝咲いて夕方にはしぼむので、しぼんだ花は種になる部分も

一緒につむんだそうです。そうしないと、種を作るところに

栄養がいってしまって花が咲かなくなるそうです。

夏の終わりにはつまずに種を作るようにしていけば良いとの事。

世の中には知らないことがたくさんありますね。

ちゃんと種をとって、姪と甥に分けてあげようと思います。

沖縄のやちむん

土産物といっても誰にもらったわけでもなく

自分の為に沖縄のやちむん(焼き物)を那覇で大人買いしちゃいました。

090706 じゃーん!

最近、本能のおもむくままに直感で

生きているもので「ほしい!」と思ったら、

その時が買い時なんだと自分に言い聞かせちゃったわけです。

気に入ったお店を端かが端まで歩いて、考えに考えて選び出しました。

お皿は料理が生かせるように真ん中が白いものを、

他のアイテムは沖縄のやちむんを楽しめる柄のものを。

微妙だった食器を徐々に整理して、いつか好きな器で

食器棚を埋め尽くしたいのです。まあ、ゆっくりとやっていきます。

お猪口はお酒はもちろんですが、調味料を少しだすにもぴったり。

わざとすべて違う柄にしたんです。

それにしても今回のセレクトは、これから大活躍しそうなものばかりです。

人参しりしり

この前、沖縄に行った時に買い忘れた「しりしりスライサー」を

ついに購入して帰ってきました。スーパーにあると言われたけれどなくて、

商店街を歩き回ってやっと見つけました。

090706 沖縄で食べる炒め物は野菜が千切りになっていることが

とっても多いけれど、どの太さが絶妙なんです。

自分で切っても、東京で売っているスライサーで

作ってみても何かが違うんですよね。

というわけで、定番の人参から始めてみました。

090706 これで一本分。皮をむかずにおろしました。

大中小とあって、これは小バージョンを使っています。

普通のスライサーより荒い感じが良い気がします。

090706_2 残りのタイカレーとあわせて「人参しりしり」。

ごま油で炒めて、塩と胡麻を振っただけですが

ガシガシ食べてしまいました。歯ごたえの具合がちょうど!

最近、近所で土のついた人参を買うんですが、

人参本来の香りや味がしっかりして気に入っています。

次は中で大根をやってみようかと。後は小でジャガイモで

ハッシュドポテトも試してみたい。きっと絶妙な具合になるはずです。

桜坂劇場&Cha-gwa

昨日はイベントが大成功したので、あんまり嬉しくて飲みに行っちゃいまして

ホテルに戻ったのは3時くらい。それでも8時には起きちゃいました。

沖縄はパワーが充填されるのか、なんだか元気になるところです。

さすがに朝ごはんを食べる元気はなく、11時前には

仕事をするために我らが中江裕司監督の「桜坂劇場」へ移動。

090705_4 カフェ「Cha-gwa」に陣取ってお仕事です。

だってイーモバイルが圏外なので

ここだったら無線LANが使えちゃうんだもん。

小腹がすいてきたので、私が宣伝している『真夏の夜の夢』の

コラボメニュー「さんかく山おにぎり」を注文。

この映画、沖縄では題名が『さんかく山のマジルー』というんですよ。

090705 こんなかわいいいでたちです。

090705_2中を開けると思いっきり

さんかくのおにぎりです。

具は油みそ。

シンプルなのに、本当に美味しくてほっこりしました。

その後、すさまじい勢いでイベントレポートを書いたのですが

この場所はとっても落ち着いて、ほどよく人もいて

ちょっと気分転換に本や雑貨も見れるし、本当に素敵な空間です。

14時にここで待ち合わせをしているので、引き続きランチまで注文。

090705_3 誰かが注文したいい匂いに誘われて

「しょうが焼きランチ」を注文。

このいたってシンプルなメニューの美味しいこと。

ぺろっと食べてしまいました。ちょとしたご飯の盛り付けもいいんです。

このカフェもいいのですが、横にある本、雑貨、古本のお店も

とっても素晴らしいセレクトなんです。

しゃれたカルチャー本もあれば、沖縄文化や戦争を取り上げたもの、

古典もあれば、雑貨もかごもなんでもあり。

ちなみに私は東京で見つけられなかった高峰秀子さんの

文庫本「にんげんのおへそ」と大きなかごを買いました。

お土産が入らなかったので、かごに詰めて帰ってきた訳です。

自分に子供が出来たら、このお店に投げ入れておきたい。

きっといろんなことを学べるはずです。沖縄に行ったら、ぜひ!

「桜坂劇場&Cha-gwa」

沖縄県那覇市牧志3-6-10 TEL:098-860-9555

きらく

本日みんなは午前から仕事ですが、訳あって私は夕方まで自由時間。

限られた時間ですから、市場やスーパーなど、テクテク、テクテク歩き回りました。

ちょうどお腹が空いたので牧志公設市場の2階にある「きらく」へ。

昨日入ろうと思ったらちょうど閉まったところだったのですよ・・・。

090704 本日のセレクトはフーチャンプルーと

いか墨汁です。

090704_2 見てください、この真っ黒なお姿。

圧巻です。

渡嘉敷島に行って鯨を見れずに

港に戻ったとき、お昼におにぎりといか墨汁を出してくれました。

鯨が見れなかった傷心を忘れるほど、美味しいお昼ご飯で

こんなグロテスクな食べ物がこんなに美味しいなんてと

驚いたのを今でもよく覚えています。

ここのいか墨汁もとっても美味しく頂きました。

「きらく」

沖縄県那覇市松尾2-10-1 第一牧志公設市場 2F TEL:098-868-8564

じんじん 

たしかあれは14、5年前だったと思うのですが、

ある日仕事に疲れた私は「鯨がみたい」と思い立ち、

沖縄の慶良間諸島を訪れたことがあります(結局みれなかったですが)。

中学時代の友人が沖縄にいたので、初沖縄とは思えないほど

いろんなところに連れて行ってもらいました。

一日だけ友達が家庭教師のバイトがあるので夜ご飯が一緒に食べられないから

一人で行ってくれないかと言われたのです。

そんな私が行ったのが何かのガイドブックに載っていた国際通り沿いの

居酒屋「じんじん」。一人カウンターで泡盛を飲む21、2歳の私。

かなりシュールですが、奥にすわっていたおじさんが

美味しいからと料理を一品くれました。

そのとき釘付けになったのが、長い髭をたくわえた

まるで仙人のようなマスターの存在。忘れられずに14、5年の時をへて

入った店内には仙人のマスターが風格がまして立っておりました。

いや~、ご健在で何より。沖縄料理オンパレードで参ります。

090703_3 ゆし豆腐。

090703_4 もずくの天ぷら。

090703_5 ナーベラーの

味噌炒め。

ヘチマです。

東京ではヘチマはたわしですが、炒めても煮てもとろっとして

美味しいんですよね。母は家で育ていたのを煮てました。

090703_6 豆腐チャンプルー。

090703_7 ジーマミー豆腐に島らっきょう。

この二つは泡盛のつまみに

最適でした。

注文をとるおばあがかなり強引にメニューを決めていくので

びびりましたね。お会計の際に14、5年前に来たことがあると

伝えると、「マスターに挨拶しなきゃ、さびしがるよ」と。

いろいろ話した後、麻布十番にある美味しい沖縄料理店を

教えてくれました。「また、おいで」と送り出してくれました。

「じんじん」

沖縄県那覇市牧志1丁目3-54 TEL:098-866-6559

ポーク卵おにぎり

今日午後、那覇空港に降り立ちました。4回目の沖縄は仕事です。

お昼は早めに羽田空港で食べたのですが、小腹がすいてきました。

ファミリーマートで調達したのは、ザ・ご当地B級グルメ「ポーク卵おにぎり」です。

090703

これは油味噌味。ポーク卵が定番で、

それぞれ味が違うってのがすごいです。

レジでお会計をする時に

「あっためますか?」って聞かれるんですよ。

東京では考えられませんが、沖縄でおにぎりを買うと

必ず聞かれる一言なんです。初めて沖縄に来た時に

地元の友人が教えてくれました。

一度もあっためたことなんてないくせに、ついつい「はい」と答えてしまいます。

090703_2 開けてみるとハンバーガーかってほどの

この迫力。かなりの食べ応えです。

私はこの油味噌が大好きです。

沖縄で民宿に行くと、ごはんの横に油味噌が置いてあって

ちょこっとご飯にのせて食べると、それはそれは美味しいのです。

台所、ついに完成!

引越し以来、食材をダンボールに入れたまま放置していた

私ですが、今日ついにガラスキャビネットが到着しました。

090701 ガラスなので何が入っているかが分かって、

天板は作業台として利用可能です。

乾物や缶詰、粉類はしまってしまうと

使うのを忘れてしまうことが多いので

見えるものを選んでみました。

090701_2 これにでついに台所が完成しました。

ちょっと囲った形です。

090701_3 リビング側から見ると

こんな感じです。

布がかけてある台の

下部にはお酒の瓶各種とゴミ箱が隠れています。

あんまり見えすぎると微妙なものは隠しています。

かなりお気に入りの空間です。

さてさて、次はダイニングテーブルを探さなければなりません。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ