« ジェラテリア テオブロマ | トップページ | ル・ブルターニュ »

大〆

神楽坂にきたら絶対に寄りたかったのが、大阪寿司のお店「大〆(おおじめ)」

12時前に行ったのですが、なんと予約でいっぱい。

13時半すぎれば入れるようなので、街を散歩してから戻ることに。

お店の中に入って感激。お寿司屋さんだというのに

081102_2 見てください。このおしゃれな内装。

Photo 通された席の横の食器棚は

西洋のベルと、日本の器がいっぱい。

和と洋が混在しているのになんともおしゃれ。

絶妙なバランスだから素晴らしい。

081102_3 頼んだのは「大阪寿司のセット」。

庶民の味といわれる大阪寿司と右にある

081102_4 錦糸卵のものが「穴子の蒸し寿司」。

もちろん大阪寿司も美味しいんですが、

この蒸し寿司が絶品。

器ごとあったかで、中の穴子の甘みと御飯の具合、上にのった錦糸卵が

もう見事なバランスなんです。友人と食べながら、なんども美味しいを

繰り返してしまったほど。内装に合わせてイタリアの白ワインを

飲みながら、優雅なランチとなりました。注文をしてからお寿司が出てくるまでは

ずいぶん時間が経つのですが、内装もみていて楽しいしなんとも優雅で、

めったに会えない友達ということもあっておしゃべりにも花が咲く。

それで出てきたお寿司がこんなに美味しいんだから、もう幸せの一言です。

宮内庁御用達は伊達じゃないです。

「大〆」

東京都新宿区神楽坂6-8 TEL:03-3260-2568

« ジェラテリア テオブロマ | トップページ | ル・ブルターニュ »

和食(食べ歩き)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大〆:

« ジェラテリア テオブロマ | トップページ | ル・ブルターニュ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ