« シシリアンルージュと牡蠣のパスタ | トップページ | シシリアン・ルージュ鍋 »

鬼亭②

最近はパワーを消耗することが多いのです。なんかこうどっと疲れたり。

今日はフリー友達三人で集まることになったので「鬼亭」に集合。

頭痛も吹き飛ばした鬼亭のお肉ですが、今日は前々から気になっていた

「鬼亭鍋」を注文。さて、全貌はいかに?

081010 いきなり登場したのがこの材料がてんこ盛りの

大皿であります。肉はもちろんですが、このもやしと

葱、ニラ、えのき、小松菜、野菜の量がすごすぎる。

なんとこれで2人前!!!最初の調理は厨房から調理人さんが

081010_2 カンカンに熱した石なべを持って登場です。

豚肉と鶏肉を鍋に敷き、上から胡麻油をジュウッと。

お肉をいためたら、真っ赤な出し汁を流しいれます。

081010_3 グツグツグツ、とにかくすごい迫力です。

美味しそうな匂いが漂い始めます。

肉に火が通ってきたら、今度はニラと大量の葱を

081010_4 豪快に投入!大迫力です。

081010_5 野菜がしなっとしたら、食べ頃。

火を止めます。

あんまり煮過ぎないのがコツだそう。

パクッと口に入れると思わず「おいし~い!」と言わずにはいられないのです。

唐辛子もたくさん入っているのに、辛いわけでもなく

野菜の甘みがにじみ出てマイルドな味わい。お肉の具合も絶妙。

韓国料理のようにも見えますが、まったくの別物。鬼亭オリジナル鍋です。

081010_6 今度はもやしを投入。野菜はひとつずつ楽しむと

何通りもの鍋を楽しめます。

シャキシャキ感の残ったもやしに出汁の旨みが

染みこんでこれまたうまいっ!

081010_7 次は小松菜と、油揚げ、豆腐、つくねを投入!

材料のお皿を見た時は「これ、食べれるの?」

って気分でしたが、あまりの美味しさに箸がすすむ、すすむ。

大量の野菜も肉もきれいになくなりましたとさ。

081010_8 最後は極太きしめんで〆ます。

肉と野菜から染み出した旨みがきしめんと絡んで

これまた絶品!今までいろんな鍋を食べてきましたが、

こんなにバリエーションが楽しめて、胸躍る鍋は初めて!

鍋の味が入れた野菜によって、絶妙に変化していくなんてすごすぎる。

集まるだけで安心してパワーをもらえるメンバーなんですが、

話すことも忘れて食べまくってしまいました。

「鬼亭」

東京都渋谷区渋谷1丁目9-4 TEL:03-3797-1002

« シシリアンルージュと牡蠣のパスタ | トップページ | シシリアン・ルージュ鍋 »

和食(食べ歩き)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鬼亭②:

« シシリアンルージュと牡蠣のパスタ | トップページ | シシリアン・ルージュ鍋 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ