« うなぎ割烹 川信 | トップページ | 魚竹 »

鬼亭

今夜は久しぶりに会う友人とゆっくり話がしたかったので

以前に一度いったことのある宮益坂の「鬼亭」へ。

軍鶏を中心とした焼肉のお店で火鉢を出してくれるので

自分たちで炭火で焼いて食べられるのです。

まず出てきたのはお通しの「もずく酢」。これがおいしいの。

久々にこういう酢の味を口にしたというか、さっきまで痛かった頭が

一気にすっきりしてお肉を食べる準備ができた感じです。

まず注文したのは「鶏の香草焼き」。軍鶏のもも肉の上に

細く刻んだ香草がのっていて、それを炭火で焼きます。

炭火で温めたオリーブオイルとにんにくなどが

入ったソースにつけて食べます。うまい!

知り合いでブロイラーを食べ過ぎて鶏肉嫌いになった人がいますが

もうそういう鶏とは別物の美味しさです。

思いっきり和風の店構えなのに香草だなんてしゃれてます。

次にきたのは「鶏もも肉 特製タレ」。こってりした醤油だれにつけた

もも肉を炭火で両面焼いて、もう一度タレにつけて皮目を焼いてから

いただきます。特製タレのしみこんだむっちっとしたもも肉。

じゅわーっと出る肉汁がたまりません。

お次は「牛カルビ 鬼焼き」。これは牛カルビ肉を炭火で焼き

玉ねぎのみじん切りをのせてくるっとまいて、レタスやきゅうりなどと

一緒に食べます。牛なのに玉ねぎ効果でさっぱり食べれます。

「鬼亭サラダ」も食べてから、〆は「石焼ビビンパ」に。

出てきた石焼きの年期を見ただけで「これは美味しい!」と確信しました。

御飯にキムチや牛肉、白髪葱、かいわれ大根などを山盛りにのせ

一気に混ぜ合わせて焦げ目をつけて食べます。

この石焼ビビンパは今まで食べたどの味とも違うんです。

この石焼きの器しか出せない味だと思います。

2人前からなんですごい量なのですが、二人でぺろっと平らげました。

お腹はパンパンですけれど、残すわけにはいかない味でした。

本当に今日は夕方から頭が痛くてどうなることかと思っていたのですが、

ここの料理を食べたら、痛みなんて吹っ飛んで元気になってしまいました。

食べ物の力ってすごい!

「鬼亭」

東京都渋谷区渋谷1丁目9-4 TEL:03-3797-1002 

« うなぎ割烹 川信 | トップページ | 魚竹 »

和食(食べ歩き)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鬼亭:

« うなぎ割烹 川信 | トップページ | 魚竹 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ