« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

キャベツと帆立のミルク煮

毎日寒い日が続いているとやっぱりスープであったまりたいもの。

「マーラー鍋」用にまるごとキャベツを買ったので、

今夜は姪っ子の大好物「キャベツと帆立のミルク煮」にしました。

080129 まず適当に切ったキャベツをしょうがとサラダ油で炒めます。

そこに戻した干し帆立の貝柱と戻し汁、水と鶏がらスープを

入れてグツグツとキャベツがとろっとするまで煮ます。

牛乳を加えると↑こんな感じ。

080129_3 これに片栗粉でとろみをつける。塩、こしょうで味を調えて、

キャベツがとろっとろになれば出来上がり。

身体もあったまるし、優しい味だし本当に美味しいです。

080129_4 漬け過ぎたきゅうりの糠漬けを使って「酢の物」を

作ってみました。スライス玉ねぎ、生春巻の具のあまりの

ゆでえびとゆで豚を細かく切ってあえ、お酢をかけただけですが

これがなかなかのものでした。漬け過ぎた糠漬けはそのままだと

塩が強すぎますが、色々なものと混ぜるとちょうどよい塩味になるものです。

マーラー鍋

今夜は同じ仕事をしている姉さん3人を招いて新年会。

久々にエスニックの夜にすることにしました。

080127 まずはお気に入りの「ピータン豆腐バケット添え」。

ピータン、実山椒の佃煮、万能ねぎ、ザーサイ、香菜と

胡麻油、山椒、塩を混ぜ合わせてバケットにのせて

食べるんです。実山椒がきいて普通のピータン豆腐とは

まったく違う味わいが楽しめます。

080127_2 女性が大好きな「生春巻」。なぜか男性は

あまり喜ばないんですよね・・・。

ここまでは定番のメニューですが今日は次に

080127_4 「ささ身と小松菜炒め」をはじめて作りました。

食材は和風なんですがターメリック、コリアンダー、

チリと3種のスパイスや唐辛子、シナモンスティック、しょうがも

使った複雑な味わいでインド料理なんです。これはヒット!

御飯にのせても美味しいはずです。

080127_6 おみやげでもらった「白カビソーセージ」です。

このハート型がなんともかわいい。

白ワインとよく合います。

そして今日のメイン料理は、こんなに寒い東京の冬だって

080127_5 中からポッカポカになる「マーラー鍋」です。

お店で食べる火鍋によく似ている鍋です。

見てください、この真っ赤なスープ!

唐辛子、豆板醤はもちろんのこと、ニンニク、しょうが、ネギ、

チキンスープ、紹興酒、チリソースなどいろんなものが入った

まさにスパーイシーなスープです。

具は豚バラ、いか、キャベツ、里芋、万能ねぎ、大豆もやし、

ヤングコーン、木綿豆腐。何しろスパーイシーなスープで煮るので

薬味は生玉子と沙茶醤(サーチャジャン)。

沙茶醤はブリルフィッシュ(ってなに?)、干しえび、豆板醤などの混ざったもの。

まろやかな味になるので辛いのが苦手な人も美味しく食べられるんです。

080127_7 〆はこれまたおみやげの「高野のフルーツプリン」。

プリンの上に色んなフルーツが山のようにのっていました。

スパイシーな味わいの後は甘いものに限ります。

今日は料理に忙しくて、写真がかなりイマイチ。ぼけてるしさ・・・。

アイリッシュ・シチュー

いま、井上荒野さんの「ベーコン」という本を読んでいます。

BOOK OFFのおすすめのコーナーの棚の一番上においてあって

その表紙の素敵な装丁と「ベーコン」っていうタイトルのずれ具合に

ひかれてついつい買ってしまいました。

どれも料理にまつわる短編なのですが、中で一番気になった料理が

「アイリッシュ・シチュー」。とても簡単なのに美味しそうなので

仕事をしながら煮込んでみました。

080121 本当はラム肉で作るのですが今日は豚バラ。

塩でしめた豚を切って鍋に入れます。

080121_2 玉ねぎ、次はじゃがいもを重ねます。

080121_3 ヒタヒタに水を入れて

ローレルを2枚。

火にかけます。

とろ火で2時間煮ます。煮込み料理は仕事するにもとってもいい。

いろんな作業をしている間に出来ちゃいます。

080121_4 出来上がりは、豚バラはやわらかくて

玉ねぎはとろとろ、じゃがいもはホクホク。

スープは豚と野菜のエキスが出て優しい味。

本にはなかったのですが、タイムを加えたらこれまたしゃれた味になりました。

PAULのパンと蓮根のバルサミコ焼きと一緒に。

こんなに簡単でこれだけの味が出るなんてちょっと感激です。

ジャージャー麺

先日、父が入院していた病院の近くの台湾料理店で

ジャージャー麺を頼みました。これが恐ろしくまずかった。

見た目も悪いし味も悪くて辛くなったのです。

そんな訳で今日のお昼はかときちの冷凍うどんを使って

ジャージャー麺を作ってみました。

080121 見栄えもなかなか、味もばっちりです。

肉味噌にはにんにく、しょうが、ネギ、ニラが入っています。

思いっきり混ぜて一口。その後、ライムをかけてまた一口。

味を変化させて楽しむのもいいものです。

今度は豆板醤を加えて、ピリ辛にしてみよう。

厚揚げのきのこソースがけ

今夜未明に雪が降ると言われています。

寒くなる前にまずはあったまろうと、セルクルドリルで運動に励み

終わったらゲルマニウム温浴でもう一汗かいて帰ってきました。

寒いので今日はスープだなとスーパーによってきました。

080120_3 最近のお気に入りの「手羽先と蓮根のスープ」です。

手羽先を煮てあくをとり、蓮根と里芋を加えて酒と塩で

味を調えるだけのシンプルなスープ。

ゆずこしょうを加えて食べると本当に美味しいんです。

080120 おかずはこんな感じです。

「厚揚げのきのこソースがけ」とお昼の残りの

ほうれん草を使って「ほうれん草のムッチ」。

後は「胡瓜の糠漬け」など。

バターでこんがり焼いた厚揚げの上に、冷蔵庫にあるきのこ類を

バターで炒めて酒で蒸し、しょうゆを加えてニラをさっとあわせたソースを

かけるんですが、これが美味しいんですよ。

しょうゆとバターで絶妙に合うんです。

近所の友達と二人で完食してしまいました。

やっぱり寒い日は身体の中からあったまりたいものですね。

ベーコンエッグサンド

今日は午前中から、この前、水漏れした洗濯機と格闘。

無事に洗濯が終わったところでランチにすることに。

冷蔵庫にひびの入った玉子があったのでこれを使って何か

作ろうと考えて、ベーコンエッグサンドにしました。

080120 カリカリに焼いた12穀入りパンにほうれん草と

ベーコンを炒めたものと、スクランブルエッグを

のせてサンドしました。

080120_2 昨夜の残りのきのこスープと春菊と蓮根のサラダ、

手作りピクルスを添えたら、なかなか立派なランチが

出来上がりました。

休日のゆったりした昼ごはんってのはいいもんですね。

「今日は何をしようか?」なんてゆっくり考えながら

味わうサンドイッチは格別です。

野菜ラーメン

今日も寒いんでお昼は野菜ラーメンにすることに。

080118スープはとんこつしょうゆ、具はもやし、にんじん、

キャベツ、豚バラを炒めて、鶏がらスープを

少し加えてとろみを付けました。あとはゆで玉子。

080118_2 見てください!この見事なつるんとしたゆで玉子。

ゆで玉子はただ玉子をゆでるだけの料理ですが、

皮をつるんと剥くのはなかなか難しいんです。

でも友達に教えてもらった作り方を始めてからは

いつもつるんと剥けます。

小鍋に1カップの水と玉子を入れて蓋をします。

強火で6分加熱、止めてから6分蒸らします。

その後、鍋からとりだして水で冷やす。これで剥けばばっちりです。

蒸らし時間を減らせば、半熟にすることも可能です。

お試しあれ。

ポテトのオーブン焼き

今日は夜御飯に実家の懐かしい味を再現することにしました。

じゃがいもをスライスして耐熱容器にいれて、バターと塩、こしょうをして

チーズをのせるだけのシンプルなものです。

この前、実家に帰ったときに子供の頃好きだったので

母に作り方を聞きました。

080116 15分くらいオーブンで焼けば出来上がり。

本当にシンプルな料理ですが美味しいものです。

これだけでもいいのすが、生クリームを入れたり、

葱やアンチョビを入れたりすると、豪華なポテトグラタンになります。

でもこのままで充分おいしいですけどね。

冷蔵庫に何もないって時はじゃがいもがあればOKです。

rice cafe

連休の最終日の今日は近所の下北沢でアンティークショップめぐり。

日本の古い家具なんかを色々と見ました。御飯は家の近くでということになり

駒沢大学の駅近くにある「rice cafe」に久しぶりに行ってきました。

2~3年前はよくこの店で友人と待ち合わせたものです。

この店のいいところは夜遅くまでやっていて御飯も食べられるし

お酒もお茶もなんでもある。

080114 今日はおすすめプレート(1250円)を注文。

メインはチーズ入りライスコロッケ、サラダ、お惣菜が5品。

枝豆、大根煮、玉子焼き、もやしのナムル、ポテト炒め。

080114_2 これに具沢山の味噌汁がつきます。

どれもなかなかのものです。

プレートメニューもあるし、おかずにライスセットを付けたりも

できるので、一人暮らしの夜御飯にはもってこいのカフェです。

よく見ると不思議なインテリアなんだけど、妙に調和がとれている

不思議なお店です。でっかい犬がいますよ。

「rice cafe」

東京都世田谷区上馬4-5-5 多田ビルB1 TEL:03-3487-4360

マルセイバターサンド

「こけし屋朝市」の帰りに新井薬師の骨董市へ。

銅製の急須を購入して、自宅へ戻ってお茶をいれることに。

冷蔵庫をあけると私の大好物、六花亭の「マルセイバターサンド」を発見。

080113_6 お茶と一緒にひとつ。

冷蔵庫で冷やしてきゅっとしまった感じが

一番美味しい食べ方だと思います。

朝から食べ過ぎだって言うの。

こけし屋朝市

昨日は実家に泊まったので朝から実家からだとわりと近い西荻窪の

こけし屋」で月1回開催される「こけし屋朝市」に行って来ました。

ずっと行きたかったので日曜日だというのに7時に起きました。

西荻窪の駅を降りて店に向うとなんともいい香りがしてきました。

080113 お店の駐車場にたくさんの屋台が出ていてテーブルや

イスが用意されています。もちろん中でも食べられます。

080113_2 蝶ネクタイ姿のおじさんや、

コック帽の料理人さんが

注文を受けてくれます。

080112_8 ハムとチーズのキッシュとブロッコリーのキッシュ。

特にハムの方が美味しい。

080113_3 濃厚なハヤシライス。カレーライスもあります。

洋食屋さんのデミグラスソースは本領発揮の

美味しさです。

080113_4 こんな豪快に炭火で焼いているのは

080112_9 ラムチョップです!中がジューシーで

タレも絶妙で舌がとろけちゃいます。

右はカニクリームコロッケです。

080112_10 そして洋食屋(フランス料理)のはずのこけし屋で

なぜか、うに丼!この山盛りうにがとにかくおいしい!

これでもかとのせてくれるんですよ。

どう考えても朝から食べすぎですが、早起きして出かけてきたので

お腹もぺこぺこ。母と二人でペロッと食べてしまいました。

朝だっていうのに白ワインを片手にご満悦です。

080113_5 お父さんを置いてきた人用なのか(?)

お土産コーナーも。マカロニグラタン、カニクリームコロッケなどが

後は焼くだけ、揚げるだけの状態で売っていたり、

サーモンマリネ、ピラフ、ピクルスなども。

母はカニクリームコロッケを晩御飯用に買って帰りました。

なんて楽しくて、しゃれている朝市なんでしょう。

また来たいな~。

「こけし屋朝市」

東京都杉並区西荻南 3-14-6 TEL:03-3334-5111

毎月第2日曜日AM8:00~11:00開催

雪鍋

父が先週退院したので今日は実家に行ってきました。

いつもは母が夕飯のメニューを決めるのですが、今日は私が

雪鍋を作りたいと打診。それにあわせて母が他のものを用意してくれました。

080112_3 おかずはこんな感じです。

080112_4 まずは北海道から送られてきたジンギスカン。

母の料理は大胆なので、ジンギスカンを

焼いているフライパンでニラももやしも焼く。

でもこれが味が染みて美味しいんですよ。

080112_5 温野菜はたらことマヨネーズのソースをつけて食べます。

080112_6 そして雪鍋の材料でつかった干しえび、

昆布、大根の皮を使って即興でつくった

キンピラです。これが思いのほかいけました。

そしてメインの雪鍋へ。雪鍋とはとにかく白いものだけを使ったお鍋です。

081012 霜降白菜、長ネギ、たらの白子、豆腐、焼餅、

そして最後に大根おろしをのせます。

そこに昆布、干しえび、お酒、水を合わせて

3時間置いた出汁を流しいれ火にかけて、全体に火が通ったら

080112 出来上がり!灰汁はきれいにとりましょう。

080112_2 青ネギ、ポン酢、七味で食べる大人の鍋。

さっぱりした味ですが、お出汁と大根おろしの

酸味がきいてうまい!

080112_7 家からきゅうり、人参、玉ねぎの糠漬けを持参しました。

こんなにしっかり食べたのに、ジンギスカンも雪鍋も

お腹にもたれないから、食べ過ぎても大丈夫(かな?)。

ひさしぶりの母との合作晩御飯も楽しいものです。

ハッシュドポテト

今日は思いっきり寝坊。9時にめざましかけたのにおかしい。。。

お風呂に入って、掃除機かけてちょうどお腹が空いてきたので

お昼にすることに。

野菜が食べたい気分なので冷蔵庫にあるもので作ってみました。

080112

ハッシュドポテト with目玉焼きとレタスとトマトのスープです。

今まで何度もハッシュドポテトを作ってきましたが、

いつも固まりにならず、ただのポテト炒めに見えるのが

悩みだったのです。今日はパッとひらめいて、スライサーで薄くスライスした

じゃがいもを千切りにしてみました。

080112_2 すると大成功。この焼き目とじゃがいもがくっついた感じ!

これこそハッシュドポテトです!

こんな感じで目玉焼きの黄身と混ぜながら

食べるのが格別ですよ。初めての成功です。

080112_3 レタスとトマト、ウィンナーを洋風野菜だしで

あわせた簡単スープ。レタスは生のままでという方も

多いと思いますが、炒めてもゆでても美味しいんです。

トマトとレタスはゆですぎに注意です。

塩、こしょうだけの薄味が寝坊した昼にぴったりの味であります。

くるみ蒸しパン

マァラァカオ(中国のオイルを使った蒸しパン)を作ろうかなーと

思っていたのですが、昨日の夜はやる気が起きず・・・。

マァラァカオは生地を寝かす時間がかかるので、

今日はお昼に普通の蒸しパンを作ることにしました。

070106 薄力粉、重曹、三温糖、水を混ぜます。

今日は家にあったクコの実とくるみを小さく刻んで

入れてみました。

081006 ザルにクッキングペーパーをしいて生地を流しいれる。

蒸篭に入れて強火で40分。

強火なのでお湯がなくならないように注意!

080106 蒸しあがりはこんなにふんわり。

楊枝をさして生地がついてこなければ出来上がりです。

0800106 断面もきめ細かく蒸しあがっています。

もちっとした食感と素朴な味、懐かしいような

香りがなんともいいものです。

おやつにもいいですが、お昼や朝ごはんにもむいています。

マァラァカオもそうですが、なにしろ蒸し上がりすぐが最高に美味しいです。

友人の家にお呼ばれした時に、朝蒸してもって行き

お昼に一緒に食べたことがあります。

友達はすごく喜んでくれたし、冷めても充分美味しいかったなー。

小さな子供も喜んでくれました。でも一度、甥っ子に「蒸しパンもってきたよ」

と言ったら、すごい剣幕で「いらない!」と震えられたことがあります。

「虫パン」だと思ったようです。説明しても食べてはくれませんでした。。。

りんごジャム

大きなりんごを3つ貰いました。なかなか美味しいりんごで半分食べたのですが

一人で食べ切るにはなかなか難しい。やわらかくなるとまずくなるし。

という訳で美味しくて、持ちも良くて、プレゼントにもなる

りんごジャムを作ることにしました。

080105 うすく小さくめに切ったりんごに、水、レモン汁、

シナモンスティックをくわえて中火にかけます。

あくが出てくるのでこまめにとります。

080105_2 ←これくらいまでちゃんと取ります。

中に火が通ったら今度はグラニュー糖を加えます。

080105_3 砂糖を入れる前に煮過ぎないことが

ポイント(らしい)!

080105_4 ←これくらいでOK!

りんごの形がしっかり残る

くらいがいいですよ。

070105 瓶に4本分できました。

080105_5 カリカリの薄切りトーストにのせて

朝食にしました。

甘すぎず、おいしいジャムになりました。

ジャムには紅玉がむいているそうですが、普通のりんごでも

充分美味しいジャムになりますよ。

お汁粉

お正月に買ったお餅が残っているので美味しいうちに食べようと

家にあった小豆を使ってお汁粉を作ることにしました。

豆料理は豆をもどすのに時間と手間がかかりますが

小豆は小さいので結構簡単。ゆでこぼしてから、40分くらい煮て

やわらかくなったら砂糖と塩で味付け。

後はとろみがつくまで煮て、焼いた餅を加えるだけ。

080104 糠漬けをあわせてみました。

080104_2 小豆の粒がしっかり残っているので

汁粉というよりは、

ぜんざいに近いかもしれません。

甘すぎず、さっぱりとした味わいになりました。

そしてなんと今日でこのブログを初めて一年が経過。

毎日ではなかったですが、やればできるものですね。

今年も美味しいものだけ食べて生きたい!

今日のワンプレートモーニング

080103 本日の朝食は

カリカリの薄いトースト、ピクルス、手作りベーコン。

グレープフルーツとエスプレッソ。

このベーコンは父の知り合いが送ってくださる自家製のベーコン。

私のお気に入りで、夜御飯にも、お酒のおつまみにも、

朝食にだって登場します。

いつもは6枚切りの厚切りパンを買っていましたが、

最近8枚切りのパンをカリカリに焼くのが気に入っています。

今日はブルーベリージャムとはちみつを半分ずつ塗って食べました。

おせち料理

お正月といえば、おせち料理です。とは言え、独り者の私なので

おせちを作るのは食べきれないので無理というもの。

そういう時はやっぱり実家に限ります。

元旦のお昼は実家でおせちとお雑煮を食べるのが恒例です。

080101_2 栗きんとん、紅白なます、かまぼこ、伊達巻き、

油揚げと鶏の巻物、田作り、煮物です。

かまぼこ以外は全部手作りです。

夜には数の子と昆布巻きも登場しました。

080101_4 お雑煮です。昆布出汁にお餅、鶏のささみ、

しいたけ、三つ葉、ゆずが入っています。

子供の頃からこのさっぱり雑煮が定番です。

うちの実家のお正月料理の定番にはもうひとつ角煮があります。

080101_6 お正月の晩御飯にいつも登場します。

前の日からゆでたとろとろの豚バラ、味のしみた大根、

塩茹での小松菜が入ってバランスも抜群なんです。

母に習って作っているのですが、まだまだ味は追いつきません。

いつか母の味を習得したいものです。

おかゆ御膳

2008年元旦です。朝ごはんは軽くつまむ程度が多いですが、

元旦の朝はちゃんと作ろうと決めました。一年の初めですから。

でも昨日のすき焼きと年越しそばで胃もつかれているので

今朝は優しく「おかゆ御膳」です。

080101 骨付き鶏肉をゆでたスープで作ったおかゆに

お出汁醤油と砂糖につけた漬け玉子、

万能ねぎと長ネギを胡麻油と塩で合えたもの、

ザーサイと葱を炒めてナンプラーを絡めたものを合わせて食べます。

0801010 彩りも楽しめますが、鶏のスープが染みこんだ

お粥が本当においしくて、ほっこりとした気持ちになります。

ちょっと疲れた胃にもとっても優しい朝食です。

朝日新聞を取っていると毎月届く“あしたの風”の載っていた

飛田和緒さんのレシピで作りました。

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ