« 梅サイダー | トップページ | 夏野菜の味噌汁 »

餃子荘 紅蜥蜴②

今日は駒沢と三茶に住む友人から夕飯を一緒にと誘いが。

桜新町にきてくれるというので以前に坦々麺を満喫した「餃子荘 紅蜥蜴」に

行くことに決めました。中華は品数を楽しめるのでやっぱり何人かで行くに限ります。

メニュー選びを任されたので気合を入れて選びました。

070701 「マコモダケと腸詰炒め」です。

銀杏、ユリの蕾、キクラゲも入っています。

塩味なんですけど、こんな炒め物は初めて食べました。

070701_1 タレに揚げパンをつけるととにかく美味しい。

外はかりっと、中は真っ白でふわっふわの

「揚げパン」です。揚げパンというと

給食のきな粉がついたものを想像しますが

まったくの別物です。

070701_2 「トマトと銀杏のニンニク炒め」。

トマトとニンニクといえばイタリアンの定番ですが

中華でこの二つをあわせるとまた違った味わい。

やわらかいけれど、やわらかすぎない絶妙なトマト。

トマトを炒めすぎないのがポイントですね。

070701_3 「鴨山椒」です。スモークした鴨に山椒がきいて

ビールのつまみにぴったりです。

「砂肝」も頼んだけれど、しょうゆで煮込んだ

やわらかい砂肝は今までにない歯ざわり。

砂肝といえばクリクリという食感がポイントですが違うんですよ。

070701_4 「セロリと巻貝炒め」です。

レモンを絞って食べるのですが、このセロリ、普通のとは違います。

中国セロリなのか茎がカイワレ大根くらい細いんです。

もちろんセロリの味なんですが、普通のよりクセがないかも。

三人でお腹いっぱい食べて、美味しさに大満足でした。

やっぱりここは坦々麺だけじゃなかった!

「餃子荘 紅蜥蜴」

東京都世田谷区新町2-4-15 TEL:03-3425-2233

« 梅サイダー | トップページ | 夏野菜の味噌汁 »

中華(食べ歩き)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 餃子荘 紅蜥蜴②:

« 梅サイダー | トップページ | 夏野菜の味噌汁 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ