« かざりや | トップページ | ぶぶ家 »

伏見

京都の夜はどこで御飯を食べるか。これは迷う選択です。

ビストロに行くか、居酒屋にいくか。迷いに迷って京都の居酒屋で

三本の指に入るという「伏見」に行ってきました。

カウンターだけの小さな店ですがいつも大繁盛なんだそうです。

店の前につくと運よく3人分席が空いていました!

席についてからは、名物おばちゃんの強引な仕切りに圧倒されまくり。

そして料理が出てきたら、美味しさに圧倒されまくり。

070616_5 まずは「はもの落とし」。はもを湯引きして

氷でしめて梅肉をつけて食べます。

今までに食べたことのないシャリとした口ざわり。

おー、京都に来たって感じです。

070616_6 「万願寺とうがらし」です。

普通は緑だけですが、限定の赤も登場。

絶妙な焼き具合でこんなに大きいのにぺろっといっちゃいました。

070616_7 伏見名物「かつおのたたき」。薬味が多くて見えません。

頼んでなかったのですが何気なく出されて食べちゃったんです。

でも頼まなかったら後悔する美味しさでした。

厨房にはおじさんが何人かいるのですが、この中の誰かが

焼きの名人なんだと思うんです。とにかく絶妙の焼き具合と

タレのしみ具合がたまらんのです。ビールをグビッと飲みたくなる味。

070616_8 そしてサービスメニュー「はもの子」です。

ほんのり甘くて口に入れるとぷちぷち。

数の子やたらこ好きの私には堪らんものです。

070616_9 そして、この大胆なお姿!「賀茂なすのでんがく」です。

まんまるのなすに味噌がたーっぷり。

こんなに丸いのに中身はまんべんなく火が通っていて

とろっとろなんですよ。家で作ると普通のなすだって火が通らなくて

半焼けになることがあるのに、奇跡的な仕上がりですよー!

070616_10 そして〆は「ずいきのあんかけ」です。

ずいきという野菜自体を初めて知りましたが

かんぴょうに似ています。生姜をのせてあんかけでとろっと。

京都生まれの友人もこんな食べ方は初めてだったそうです。

とにかく「伏見」一軒で京都のおばんざいを満喫してしまいました。

三人でいったのですが、これだけ食べてしかも生ビールも飲んで

なんと一人1600円。ありえない値段です。

「伏見」の近所に住んでいたら、毎週通ってしまうと思います。

今度は売り切れだった「鯖ずし」も食べた~い!

「伏見」

京都市東山区三条大橋東入ル二町目76 TEL:075-751-7458 

« かざりや | トップページ | ぶぶ家 »

和食(食べ歩き)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伏見:

« かざりや | トップページ | ぶぶ家 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ