« 玉子豆腐 | トップページ | 豚バラキムチ »

鶏のバスク風煮込み

いま発売中のFIGARO japonは「パリのお惣菜」特集。

イタリアンなんかはわりと気軽につくりますがフランスで普通に食べられている

ものってあんまり浮かびませんよね。スイーツはパッと浮かぶのに。

フランス映画の宣伝をずっとしてきたっていうのになー。

この特集の良いところはお惣菜やお店を紹介しているだけでなくて

いろんなレシピも載っているんですよ。

そんなわけでついに和食を脱出です。

070525 たまねぎ、パプリカ(赤と黄)、ピーマン、ニンニクと

鶏の胸肉と骨付きもも肉を煮込んでいます。

070525_1 「鶏のバスク風煮込み」です。

最近話題のバスク地方です。

ニンニクをきかせるのがポイントのようです。

食べ比べてみましたが、私の好みはもも肉ですね。ちゃんとブロイラーではなく、

地鶏を買ったのですが胸肉だと少しぱさつく気がします

とろとろ野菜がたまらなく美味しいですよ。

070525_2 「じゃがいものグラタン」です。

生クリームとニンニクでグツグツ焼きました。

美味しいのだけれどグラタンにニンニクってのは

ちょっと違う気がしました。ポテトグラタンなら生クリームと塩、胡椒、

チーズタイプか、長ねぎとアンチョビに生クリーム、塩、胡椒に

チーズのせたタイプがお気に入りと再確認しました。

でも子供の頃から一番好きなのはマカロニグラタンです。

駒沢在住の友人を呼んで満足の夕食でした。

片づけが終わった後、冷蔵庫をあけると大根と人参が多めにあったので

チャチャッと「ベトナム風なます」を作ってみました。

Photo_15 箸休めにぴったりの一品です。

10分くらいでできちゃうのに持ちもいいし

食事に一品増えるので重宝しています。

最近は作り置きをするのも楽しくなってきました。

« 玉子豆腐 | トップページ | 豚バラキムチ »

手作り料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鶏のバスク風煮込み:

« 玉子豆腐 | トップページ | 豚バラキムチ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ