トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

刀削麺 唐家②

二度目の「刀削麺 唐家」の登場です。

いつもは「素菜刀削麺」ばかり頼んでいる私ですが、今日は気分を変えて

「汁なしマーラー刀削麺」を注文。

070131 赤い色のとおりにピリッとしますが

山椒の実の風味が利いていて好みの味です。

これを良く混ぜて食べます。

070131_1 麺とひき肉、もやし、香菜とタレが

見事に合わさって癖になる味であります。

ここの刀削麺はいつ食べても本当に美味しいです。

閉店5分前なのに入れてくれたお店の方、ありがとうございます。

「刀削麺荘 唐家 赤坂店」

港区赤坂3-20-2  第3福富ビル1F

ヴァンピックル

今日は打ち合わせをかねて夕飯に「東京バルバリ」に行ったら

なんと予約がないと入れないと冷たいこたえが・・・。

どこに入ろうと悩んだ結果、麗しの「ヴァンピックル」に決まりました。

ここのパテとフォアグラを初めて食べた時の感動は今でも忘れられません。

口がとろけるとはこのことですよ。

070130_2 突き出しはキッシュ。

他には口休めに生のきゅうりもついてきました。

070130_3 白レバーパテ。もうとにかくサイコー!

バケットにパテをぬってそのまま食べてもいいし、

ブルーベリージャムをつけるとこれまたいいんですよ。

070130_4 吉田豚のももとロースの串焼きです。

好みでマスタード2種、塩、西洋わさびをつけます。

私はもっぱら西洋わさびです。

070130_5 野菜のグレック・ピックル風。

さっぱりとしたピクルスのようなマリネです。

お肉を食べたらやっぱり野菜が必要です。

070130_6 そしてメインはやっぱりフォアグラの串焼き。

煮詰めたバルサミコ酢に砂糖と塩を少量加えた

ソースがかかっています。

フォアグラはもうたまらん美味しさですがこのソースを

バケットにつけて食べるとまたうまい!

冷えた白ワインがぴったりの料理でした。

盆と正月が一緒に来たような嬉しい出来事がいっぱいで上機嫌の社長と

一緒に過ごす楽しい時間でありました。

「ヴァンピックル」

東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビルB1F

TEL:03-6212-1011

九州屋台劇場

半蔵門でちょうどお昼過ぎになった。なんだか定食みたいなものが食べたい。

通りかかった道にあった「九州屋台劇場」という中に入ると

なんだか屋台の風情のお店に入ることに。

注文したのはこちら。

070130 銀だらの甘辛焼き定食。

今日は魚の気分だったんです。

キャベツとマカロニサラダがついてます。

070130_1 なんだか嬉しかったのがこのつぼ漬け。

子供の頃によく食べた想い出があります。

味はまあ普通でしたけどね。

「九州屋台劇場」

住所わからず。

Kitchen Cafe(のはず)

渋谷での取材の前にお昼に駆け込んだのは桜丘町のカフェ。

たしか「Kitchen Cafe」という名前だったはずだけれど

なんだかいつもと違うような気が。思い出せないけれど

店名も変わっていたような気がする。

食べたのはタコライス。

070129 御飯の上にタコスの具がのっていると

考えるとわかりやすいです。

今では東京でも普通に見かけるようになりましたが

これ沖縄独特の食べ物なんですよね。

初めて沖縄でタコライス屋に入ったときは驚きました。

とろけるチーズをとろけさせずにそのままのせてましたから。

でもこれが結構いけるから不思議でした。

070129_1 このお店のタコライスはビーンズや目玉焼きものって

なかなか豪華でした。

ささっと食べなければならない時には便利で

食べ応えのある一品です。腹持ちもよろし。

「Kitchen Cafe(のはず)」

渋谷区桜丘町15-19 第8東都ビル 2F  TEL:03-3496-8844

美々卯

本日、朝8時17分に京王線仙川駅に集合し日本橋までテクテクと

甲州街道沿いに19キロ歩きました。日本橋には1時前についたので

京橋に移動して「美々卯」に行って来ました。

071028 鳥南蛮そばです。

帆立貝の殻でつくったれんげがいいですね。

070128 アップです。なんだかプリプリみえますね。

みんなはうどんでしたが私の気分はそばでした。

070128_1 今日はいっぱい歩いたので

かやく御飯をつけました。

運動でたっぷり汗をかいた後の御飯は本当に美味しいです。

甲州街道制覇を記念して昼間から生ビールで乾杯!

「美々卯」

東京都中央区京橋3-6-4 TEL:03-3567-6571

バナナケーキ

明日は19キロの甲州街道歩きに挑戦するので途中で食べる

軽食用にバナナケーキを作ることにしました。

このバナナケーキには想い出があります。

以前、映画祭の仕事をしていた時、あまりの疲れに毎日イライラ続きだった

ことがあります。飲み物でも飲もうかと冷蔵庫をあけたら

真ん中に付箋のはってあるバナナケーキが入っていました。

付箋には「お腹の空いた時に食べてください」と書いてありました。

その頃、ボランティアにきてくれていた女の子の手作りでした。

本当に嬉しかったので、私もまねして時折差し入れにもって行きます。070127

バター100g、砂糖80g、玉子の黄身3個を順々に入れ、

つぶしたバナナ2本をまぜます。

070127_1 ふるった薄力粉130gを混ぜます。

切るようにしましょう。

070127_2 白身をメレンゲにして、1/3のメレンゲを

切るように混ぜる。残りも混ぜる。

膨らまなくなるので絶対にこねない。

070127_3 型にいれます。

空気を抜くために10cmくらいの高さから

何度か落とします。

070127_4 170℃で50分焼いて出来上がり。

しっとりとしてバナナたっぷり。

栄養もあるしちょっとした軽食にぴったりです。

小エビ玉子焼き

今日は夕方までは自宅作業。バタバタと仕事をしていましたが、

昨日の「ほうれん草スープ」もあるのでなんか一品と思って冷蔵庫をあけると

玉子があったので玉子焼きを作ることに。

いつもは甘い玉子焼きか、出汁巻き玉子が好きですが

今日は小エビふりかけと万能ねぎを足してみました。

070126_1 黄色にピンクと緑がまざって

色鮮やかな玉子焼きです。

070126_2 アップにすると小さな小エビがみえますか?

たまには変わり玉子焼きもいいもんです。

ほうれん草のスープ

昨日の深酒がたたり、今日は二日酔い。頭が重いのになんだかふわふわした気分。

さすがにがっつり食べる気分はまったく起きず、何か優しいものを

食べたくなったので野菜中心の夕飯にしました。

070125 「ほうれん草スープ」です。

ベーコン、玉ねぎ、じゃがいも、ほうれん草をバターで炒めて

水とコンソメを加えます。

沸騰したら灰汁を取って塩、こしょう、ナツメグで味付け。

野菜がたっぷりなので結構食べ応えはありますが、お腹にはもたれません。

070125_1 付け合せは「なすの中華マリネ」と「油揚げおかか」。

酒飲みの料理みたいですが、今日は呑んでませんぞ。

おでん屋(店名不明)

本日は6時前から呑み始めるという幸せなことをしてしまいました。

2軒目に連れて行って頂いたのが、銀座の博品館の方角のとあるビルの2階に

あるおでん屋さん。元は屋台だったそうで、お店の中に屋台があるんです。

それを囲みながら横に並んで食べるのでなんだか普通の店と違う親近感が

わいてくるから楽しいものです。070124

玉子、がんもどき、はんぺんをセレクト。

もちろん熱燗を合わせました。

おばちゃんに好きなものを伝えるとお皿にとって食べやすいように

切ってくれます。お出汁もおいすぃ~。

3人で行ったのですが、おでんの好みって人それぞれなのが面白いですね。

大根や玉子は定番ですが、ちくわだったり、ちくわぶだったり。

その人の育った家の具の違いなんでしょうか。

070126 2皿目は大根とロールキャベツ。

初めてロールキャベツを頼みましたが、中には豚挽き肉が。

ひき肉のうまみと合いまったお出汁が口にじゅわーっと

染み入ってなんとも言えずにおいしいんです。

私も家でおでんを作りますが、その時は牛すじを煮込みます。

実家とは違う味ですがこれが私のお気に入りです。

この後、バーボンBarに移動して久々に3軒も回ってしまいました。

ビール、焼酎、熱燗、バーボンを呑んで久々に酔いました。

という訳で、店名が思い出せないんでーす。

春秋

本日は打ち合わせを兼ねてある映画の宣伝チームでランチに。

ビルの上にある「春秋」に行ってきました。

ちょっと前に“王様のブランチ”で「フォアグラ丼」という豪快な料理が

紹介されていた店ですね。ここが良いのはとにかく見晴らしがいいこと。

27階にあってガラス張りの店内なので晴れた日は爽快です。

私はランチメニューの「ばらちらし」1400円を注文。

野菜や刺身などを細かく刻んだ色鮮やかなちらし寿司。

味はもちろんですが目に楽しいものです。

実は今日ランチを食べたメンバーで、ここのランチメニュー

「和牛ステーキ膳」3800円をかけて競争をしています。

毎月、オピニオンからコメントを一番取った人は

メンバーからおごって貰えるんです。

若いもんは牛肉が食べたくて仕方がない模様。

競争に負けるのは嫌いですが、“昼から牛肉”に喜びを感じなくなったのは

歳をとった証拠でしょうか。

「春秋 溜池山王店」

東京都千代田区永田町2-11-1 TEL:03-3592-5288
山王パークタワー27階

蒼龍唐玉堂

夜は六本木で打ち合わせ。何か食べたいけれどそこまで

お腹が空いていなかったのでそばにあった「蒼龍唐玉堂」に入った。

坦々麺がうりのラーメン店だけれど、辛いものを食べる気分でもない。

そんな訳で「鶏ねぎ塩ラーメン」を注文。

070121_7 きゅうりの付け合せもついています。

味はしっかりしながらも、さっぱりの塩味はなかなかのもの。

もっぱら醤油か味噌が多いのですが塩味070122 もいけますね。

アップはこんな感じです。

麺は太麺に。

それなのに隣の人に店員さんが「細麺がおすすめです」と

言っていたのを聞いてゲンナリ。私にもおしえてー。

この他、「豚足ラーメン」なるものもあるらしいこのお店。

豚足はあの辛いタレで食べるのが美味しい訳で

わざわざラーメンにのせなくてもいいと思う。

「蒼龍唐玉堂」

港区六本木7-17-16 米久ビル1階 TEL:03-3470-0451

小鯵の南蛮漬け

スーパーに行くと小鯵が売っていたので、

今日は「小鯵の南蛮漬け」を作ることにしました。

子供の頃、よく母が作ってくれたものには玉ねぎと人参が入っていたので

今日もそのパターンでいこうと思います。

070121 ひれ、内臓、せいごをとって下処理をした鯵に

片栗粉を軽くまぶします。

070121_1 こんがり揚げます。一回できつね色にしてもしいですが

今日は二度揚げしました。

070121_2 揚げている間に玉ねぎと人参をスライスしたものに

レモンをふっておきます。

070121_3

薄口しょうゆ3/4カップ、酢3/4カップ、

酒・砂糖各1/3カップ、しょうがの千切り、

鷹の爪の小口きりを鍋にいれ火にかける。

070121_4 玉ねぎと人参の上に鯵をのせます。

070121_5 上にタレをかける。ジュッと言うくらい

揚げたての上にアツアツのタレをかける。

荒熱がとれたら冷蔵庫に。

30分以上漬け込みましょう。

今日の夕飯です。

070121_6 イカとブロッコリーの中華サラダと

昨日の残りの人参とオレンジのサラダ、

納豆ご飯を合わせてみました。

野菜がたくさんとれて小鯵はなんと1パックで180円だったので大満足。

小鯵はかりかりに揚げたので骨まで食べられるからうれしい。

やっぱり玉ねぎだけじゃなく、人参も漬け込んだほうが絶対美味しいです。

今日はジャスミン茶を合わせました。

クラムチャウダー

なんでこんなに寒いんだと思ったら、今日は大寒。

今年一番の寒さってことなんで、夕飯は温かい料理がいいに決まっているので

本日のメニューはクラムチャウダーに。

070120 まずは角切りにしたベーコンを油が出るまで炒めます。

070120_1 お次は1cm角に切ったじゃがいも、

人参、玉ねぎを加えて炒め合わせます。

070120_2 砂出ししてよく洗ったあさりを加えます。

ざっと炒めたら、

水1カップとコンソメキューブ半分をいれ、鍋の蓋を閉めます。

070120_3 あさりが開いて、野菜が柔らかくなるまで煮ます。

070120_4 牛乳4カップを入れて、火を弱めてゆっくりあっためます。

塩、こしょうで味を調えます。

最後に生クリームを大4加えて混ぜ合わせたら、完成!

本日の晩御飯です。クラムチャウダーに、人参とオレンジのサラダを合わせました。

070120_5 このサラダ、母が子供の頃に作ってくれたものと似ています。

生の人参とオレンジと干しぶどうが入ってとってもヘルシー。

あんまりにも美味しいんで両方ともおかわりをしてしまいました。

今週は忙しくてイライラしがちだったので、久々に料理をしてストレス発散。

お腹も気分も落ち着きました。

華泰茶荘

今日は朝9:40からモーニングショーを見に行ってきました。

思いのほか、映画が良かったので楽しい気持ちで

華泰茶荘 渋谷店」の茶芸館にランチに行ってきました。

休日のランチセットは、台湾烏龍茶、中国粥、ザーサイ、腸詰、点心4種類、

茶菓子4種類がついて1575円。二人で行ったので烏龍茶も清茶と

東方美人茶を楽しめて満足でした。

いつもは家でも中国茶を楽しんでいるのですが、今週は忙しすぎて

中国茶をゆっくり入れる余裕すらなかったので

久々に寛いだ気持ちになりました。

ただ、いつもは雰囲気のある3階なのですが今日はイベントをやっていたので

殺風景な2階だったのが玉に瑕。

後は店内で写真を撮っちゃいけないのが残念です。

「華泰茶荘 渋谷店」

東京都渋谷区道玄坂1-18-6

TEL:03-5728-2551

東京バルバリ

昼は京橋で試写があったので、以前に日経新聞で紹介していた

東京バルバリ」に連れて行ってもらいました。

そして一番のお薦めという「牛すじ煮込み定食」を注文。

070119 この大盛り具合を見てください。

野菜とちょうどいいバランスなんですが、

コラーゲンたっぷりでぷっりぷり!

070119_3 とろける柔らかさです。

おでんに牛すじを入れるのが好きなので

牛すじを料理したことは何度もありますが

ここまでちゃんと柔らかくするのには時間と手間がかかるんですよ。

これで850円なんだから!

他にも、マイルドなのにスパイシーな黒いカレー(一口もらいました)や

塩焼き親子丼、炭火焼親子丼など、どれも美味しいそうなメニューばかり。

京橋での試写のランチの時は次もここと決めました。

「東京バルバリ」

東京都中央区京橋3-7-9 TEL:03-5524-1338

やきとり多賀

夜は渋谷での完成披露の後、評論家のお二人と渋谷で呑みに行くことに。

おひとりのお薦めのお店にむかってラブホテル街を歩き続けると

なんと私のお気に入りのおでん屋「飯田屋」と同じビルの「やきとり多賀」でした。

飯田屋の大家さんとのことです。

年配のご夫婦が営んでいるお店で普通の焼き鳥屋かと思っていたら

果実酒やホイスなんかもありちょっと違う雰囲気。

メニューに「海老メッシュ」なるものを発見。頼んでみると、海老と野菜を

ふわっとしたライスペーパーでまいて揚げたもので春巻きに似ています。

これにスウィートチリソースをつけて、きゅうりの薄切りとマヨネーズを付け合せに

食べるんですが、これがなかなかいけるんですよ。

焼き鳥屋のはずなのに「ベトナム・フォー」まであるから驚きです。

その後、「ユッケ」、「レバー」、「さばの開き」を頼みましたがどれも美味しいんですよ。

しそ酒を楽しんだ後に、そば焼酎のお湯割を頼んで梅干をたのんだのですが

出てきたのは直径4cmはある「南高梅」。あまりの大きさに驚いたのですが

食べたらもっと驚く美味しさ。中がジューシーでもったいないのでほとんどは

焼酎に入れずに食べちゃいました。

さすが飯田屋の大家さん!ここも通うと決めました。

しかも3人で7000円だからお得です。ラブホテル街は捨てたもんじゃない!

「やきとり多賀」

東京都渋谷区道玄坂2-20-7多賀ビル1階  TEL:03-3461-1804

PAUL

お昼過ぎに六本木一丁目駅にいたので、この駅近くで勤めていた時に

よく通った「PAUL 六本木一丁目店」でランチ。

フランスのパン屋さんですが、どのパンも美味しくてお気に入りです。

ランチも本日のランチ、オムレツセット、サラダセット、キッシュセットほか

種類も豊富で楽しめます。

070118_3 本日は「オムレット コン プレ」。

オムレツの中にはしめじとチーズがたっぷり。

付け合せはポテトとサラダが選べます。

070118_4 半熟の卵としめじとチーズが中で混ざり合います。

たまりませんねー。家で作ってもこうはなりません。

そしてこれがお気に入りのパンバスケット。070118_5

麦芽パンやドライフルーツを練りこんだパン、

チーズを散らしたパンなど何種類ものパンを楽しめます。

香ばしい焼き上がりがすばらしい。

一番のお気に入りは、無花果を練りこんで焼き上げたパンと

パルミエ(パイ)、カヌレです。

でもこれだけ美味しいんだからと思って、ケーキやタルトなど

スウィーツをかってみたこともあるのですが、

これがなんだか大味でイマイチだから残念。

「PAUL 六本木一丁目店」

東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー1F

TEL:03-5545-9515

ティーヌン タイ国ラーメン 

今日は一日取材でクタクタ。7時すぎにやっと渋谷で解放されたけれど、

9時には予告編の編集に立ち会わなきゃならん。でもお腹すきすぎ。

そんな訳で渋谷の「ティーヌン タイ国ラーメン 渋谷道玄坂店」に。

時間はないけど、ラーメンだと味気ないって時にこの店は重宝します。

カウンターだけの小さな店ですが、料理は本格タイ料理。

麺もご飯ものも種類があるし、目にも楽しいですぞ。

070117_1 タイ野菜炒めのご飯のせです。

野菜もお肉もたっぷり入った一皿です。

スープもついてます。

この後、編集の立会いは2時まで続き・・・。

しっかり飯もので腹持ちがよくて本当によかった。

「ティーヌン タイ国ラーメン 渋谷道玄坂」

東京都渋谷区道玄坂1-5-5藤木ビル1F TEL:03-5459-2550

ぢどり屋 博多中洲

今夜は我が愛する藤岡藤巻の打ち合わせで市ヶ谷に。

打ち合わせ後に最近出来たばかりという「ぢどり屋 博多中洲」に

連れて行ってもらいました。普通の焼き鳥屋なんだと思っていたら

予想を裏切るメニューの数々に「もう堪らん」って気分でした。

最初に登場は「肉みそレタス」。この肉みそがとにかくうまい。

みずみずしいレタスとうまく合わさって、みんなバクバク食べてました。

続いて「地鶏のもも焼」。炭火で焼いた香ばしくてやわらかいお肉の

肉汁がジュワーっと口に広がります。そして「地鶏の湯引き」。

こちらはポン酢かゆずこしょうで頂きます。ゆずこしょうが大好きな私ですが

ここのゆずこしょうはとにかくうまい。

そしてお鍋が出てきたと思っていたら中にあるのは「温泉豆腐」。

豆乳の中に温泉水で作った豆腐が浮かんでるじゃないですか。

今まで食べたことのない感触と美味しさに大感激。

その後、「地鶏のしゃぶしゃぶ」「野菜盛り」「うどん」と続き、

大満足の夕食となりました。

今日は打ち合わせ飲みだったので写真がないのが残念!

この美味しさをビジュアルで伝えたかった・・・。

「ぢどり屋 博多中洲 麹町店」

東京都千代田区六番町1-1 恩田ビルB1  TEL:03-3288-1908

春菊とちくわのナムル

夕方からは家で仕事に励げむ為、いつもより早めに帰宅。

帰りにスーパーによると「ぶりのあら」が売っていたので

「ぶり大根」と「春菊とちくわのナムル」を作ることに。

このナムルが切ってまぜるだけでとっても簡単で最近のお気に入りです。

070115_2 葉だけつんだ春菊を30分くらい水にさらします。

しなっとした葉がパリッとしてきます。

ニンニク1片をすりおろし、薄切りの白ねぎと混ぜます。

070115_3 乱切りしたちくわとすった白胡麻を加えてまぜます。

ここに春菊を入れて混ぜれば出来上がり。

070115_4 器にもったら白胡麻をちらしましょう。

高橋みどりさんの伝言レシピのメニューですが

ちくわを細いバージョンにした方が好みです。

本日のぶり大根定食です。

070115_5 最近、売り切れ続出の納豆をやっと手に入れて

久々の納豆ご飯です。

仕事の合間に料理をするのはなかなか大変。

でも水にはなったり、煮詰めたりする料理は時間がかかるので

タイマーをかけておけば、結構仕事も進んで料理の時間も

忘れずに出来るものです。

妻家房

今日は渋谷で仕事があったのでお昼は109の8Fにある

韓国料理店「妻家房(さいかぼう)」に行ってきました。

昼からあんまり辛いものは食べたくなかったので

070115 冷麺とパチヂミのランチにしました。

070115_1 このパチヂミがうまい!

かりっとした表面とむちっとした中身の

差がたまりません。

初めて妻家房に行ったのは四谷の本店です。

ここでサンギュプサルを知りました。豚肉の三枚肉を焼いて胡麻油をつけて

サンチュでまいて食べる。こんなに単純な料理なのにこの美味しさ。

韓国料理ブームと豚肉ブームで一般的になりましたが

まだそんなに知られてない5年前くらい食べた時は感動したものです。

「妻家房 渋谷店」

東京都渋谷区道玄坂2-29-1 渋谷109・8F TEL:03- 5728-0108

流氷鍋

先延ばしにしていた原稿も書き終わったので夕飯でも作ろうかと。

なんか簡単であったかいものが食べたい気分なので今夜は「流氷鍋」です。

ネーミングは寒いですがあったかです。

070114 一口大に切った鶏肉と、乱切りにした大根と人参、

冷蔵庫に残っていた竹の子をひたひたの水でゆでます。

煮立ったらあくを取って野菜が柔らかくなるまで煮ます。2070114

えのき、しいたけ、春雨、しょうがを入れ

酒、しょうゆ、塩で味付け。

最後に三角に切ったはんぺんをのせてひと煮たち。070114_1完成です。

英順さんのレシピが基本ですが、冷蔵庫に残っていた

竹の子やしいたけも加えて、味付けは自分好みにしちゃいます。

全部レシピどおりに作るより、臨機応変に作ったほうが料理は楽しいものです。

おでん以外ではんぺんを食べることってあまりないのですが

むちっとして本当に美味しいものです。

半分の残ったはんぺんは魚焼きグリルでこんがり焼いて

しょうゆをちょろっとかけて楽しみました。

今夜はベトナムの蓮花茶を合わせてさっぱりと。

冷やしても美味しいお茶です。

そば処 かねこ

映画をみて銀ブラ(古い!)したらなんだか疲れてしまい、家でちょっぴりウトウトと。

土曜日の午前から張り切ると疲れが出ますね。起きたら19時すぎ。

お腹はすいているけれど料理をする元気なし。

そんな訳でご近所さんとお気に入りの「そば処 かねこ」へ。

魚屋さんだったお店をそば好きのご主人が蕎麦屋にリニューアルしたそうで

そばもうまいが刺身もうまいという素晴らしいお店です。

070113_5 一番人気のさくら定食!!!

まぐろ、とろ、甘エビ、ひらめ、イカ、うになど、とにかくムチムチ、

プリプリの絶品刺身がてんこ盛りで2300円なり。

量はずいぶん多いので二人で行って分け合うのが一番です。

今日はこのほかに「たらこの煮付け」と温かい「とろ揚げそば」を注文。

070113_6 たらこの煮付け。

子供の頃から、ぷちぷちした触感が大好きな私ですが

母親が作ってくれてたらこの煮付けが大好物でした。

久々の煮付けはやっぱりたまらんですわー。

ただ今、美味しくみえる写真の撮り方を研究中。

食べたものが美味しいとそれだけで満足してしまうので、

ただの記録写真になってまうもの。でもそれじゃあ、食ブログとしてつまらん。

ということで美味しいものを美味しく見えるように努力中です。

角度は60度、逆光気味で、寄りではなく引いた所からズームがポイントです。

「そば処 かねこ」

東京都世田谷区桜新町1-13-9 TEL:03-3429-7277

旬菜料理 由庵

今日は午後2時からシネスイッチ銀座の初日舞台挨拶を見に出かけることに。

せっかく仕事以外で銀座に行くので早めに出て友人Oとランチをすることにしました。

本日のセレクトはニューメルサの8階にある「旬菜料理 由庵」。

前日にインターネットで探して発見した店なのですが素材(とくに野菜)の

美味しさをいかした料理がお薦めのお店です。

注文したのは豆腐膳。映画が招待だったのでお昼ながらちょっと奮発して1800円です。

070113 突き出し。皮がむらさき色でサツマイモのようですが

味はしっかりじゃがいもです。

070113_1 緑豆の豆乳と生豆腐。豆乳は私好みの濃厚な味わい。豆腐はさっぱりと上品な味わいながら、豆の味がしっかりと。

そして本番のメイン料理は。

070113_2湯葉 、がんもと野菜の炊き合わせ 、天麩羅
雑穀ご飯 、味噌汁、香の物。

見た目はもちろん味もはなまる!

手作りがんものむちっとした味わいは見事につきます。

そして最後は〆のデザート。

070113_4 焼りんごと黒豆茶です。

好みでコーヒーにもなります。

久々に豪勢な昼食を食べてしまいました。

ランチは他にも由庵膳(1400円)、塩漬け豚の石焼飯(1200円)、

蒸し野菜とオーガニックパン(1000円)など手頃なものもあります。

初めてきたニューメルサですが韓国料理「妻家房」、ベトナム料理

「Nha Viet Nam プルミエ」など美味しそうなお店が多いので驚きました。

穴場ですね。

「旬菜料理 由庵」

東京都中央区銀座5-7-10 銀座5丁目ニューメルサ8F

TEL:03-5537-8712

コカレストラン

今夜は銀座で担当した映画の楽日。立ち見も出て少しホッとしたので

パーッと美味しいものでも食べようと日比谷の「コカレストラン」へ。

かつてはマリオンの近くの雰囲気のある一軒家で営業をしていたのですが

今はビックカメラの上の有楽町店と日比谷のガード下のこの店になりました。

もちろんお薦めはタイの名物鍋“タイスキ”です。

070112_6 タイ版のしゃぶしゃぶと言えばわかりやすいかな?

野菜や肉、シーフードを軽くゆでて食べます。

070112_7 これがミックスです。これで3500円。

野菜だけでも青梗菜、空心菜、白菜、香菜、しめじ、えのきと

ずいぶん盛りだくさんの内容。

071012 こんな感じでゆでた具材を左奥の

チリソースにつけて食べます。

好みでレモン、ニンニク、唐辛子を加えます。

ゆでてソースにつけて食べるだけなのに、これが美味しくてたまりません。

豚レバーを初めて入れましたが、ぷりっとしていていけます!

ココナッツ風味の各種デザートも濃厚でどれも美味しく女3人満足のひと時。

しかし、この楽しくて美味しい時間の後、日比谷と銀座を巡る

パソコンバッグ大捜索が待っていたのであります・・・。

食べた分だけ歩き回りましたよ、まじに。

「コカレストラン 日比谷」

東京都千代田区有楽町2-1-11  TEL 03-3507-5489

SummerField

半蔵門の出版社にアポがあったので、終わってからランチをしようと

色々と歩き回りました。混んでいたり、好みじゃなかったり。

ずいぶん前に行ったことがあるかすかな記憶をたどって坂をのぼると

今もちゃんと「サマーフィールド」がありました。

頼んだのは本日のベーグル「えびとミニアスパラのベーグル」です。

070112 この右にのっているポテトもカリカリで美味しい。

ケチャップもちゃんとデザインされています。

070112_1 中身はこんな感じです。

むちっとシャキシャキの歯ごたえがいいですね。

ベーグルはめったに食べないのですが

ベーグルだけだとやっぱり味気ないような気がどうしてもします。

でもサンドにすると腹持ちもよくてランチむきのメニューですね。

「Summer Field」

東京都千代田区麹町2-14 麹町パレス TEL:03-5216-8508

小松菜のオイル蒸し

最近、午前中に家で仕事をすることが多くなりました。

そんな時は仕事をしながら本当に簡単なランチを作ったりします。

本日の昼ごはんは「小松菜のオイル蒸し」。

小松菜1束をよく洗ってざっくり切り、鍋にいれてオリーブオイル大さじ4と

にんにくをつぶしたのを4片くらい入れて、蓋をして蒸すだけ。

070111 こんな感じにくたっとしてきたら出来上がりです。

バゲットにのせても美味しいです。

070111_1 本日はゆでたじゃがいもと

人参スープ(残り物)をあわせてみました。

シンプルながら満足でした。

ヨーグルト(リベンジ)

家に戻ってきました。今日は何が気になっていたかって

果たしてヨーグルトは固まっているのかということ。

ドキドキしながら開けてみました。

070110_4 どうでしょうか?

おーーー、固まっていますよ。

070110_5 わかりますか?

ちゃんとトロッとしておりますよ。

味もちゃーーーんとヨーグルトです。

明日の朝、食べるのが楽しみです。

刀削麺荘 唐家

今日は赤坂見附で打ち合わせがあったので夕飯は

一ツ木通りから一本入った「刀削麺荘 唐家」で素菜刀削麺にしました。

070110_1 夕飯なので“とろ肉”をのせてみました。

ここの素菜刀削麺の良いところはとにかくたくさんの種類の

野菜が食べられることです。種類は毎日違います。

今日はもやし、白菜、ふくろ茸、ひら茸、竹の子、レタス、ブロッコリー、

カリフラワー、香菜、クコの実、パプリカ、エリンギなど。

一人暮らしで野菜を食べるのは結構大変なことなので重宝しています。

070110_3 アップにすると野菜がいっぱいなのがわかりますね。

スープもさっぱりなのでお腹にももたれません。

麺はゆっくり食べ過ぎると伸びるので要注意です。

「刀削麺荘 唐家」

住所わかりません。赤坂見附駅から2、3分くらいです。

トミ田ヤ

一日自宅で仕事をしていたら、あっという間に21時前。

なんだか疲れて料理を作る気にもならないので

桜新町の駅むこうの讃岐うどん屋「トミ田ヤ」へ。

よく雑誌なんかでも紹介されていたお店です。

以前はメキシコ料理と讃岐うどんを出すおしゃれなカフェだったんですが

いつからか店内が普通のうどん屋にかわりました。なぜなんだろう?

今日は「チリコンカン」と「メキシカンうどん」を注文。

うどんが出来るのを待つ間、松本清張の「わるいやつら」を片手に

チリコンカンをつまむ。070109

メキシコの代表的な料理でひき肉と豆、トマトなどを

煮たものですね。ビールに合うね、こりゃ。

そしてメキシカンうどん登場。

なす、トマト、玉ねぎ、鶏肉など野菜がとにかくたっぷり入ったうどんでした。

070109_1 ライムを絞って、好みで付け合せの

サニーレタスとトマトを入れるとのこと。

味はといえば、うーん、まずくはないんですが

うどんじゃなくてもいいかなという感じです。絶対ごはんの方があう。

この前食べた「棒々鶏うどん」のちょっとかわった胡麻だれと

「ピカうどん」のお肉と玉子の組み合わせはうどんとも絶妙で美味しかったのに・・・。

結構、うどんの量が多くてお腹がパンパン。うー。

「トミ田ヤ」

東京都世田谷区桜新町2-2-11

TEL:03-3426-1889

炭火焼肉・ホルモン焼 幸永

連休最終日、あまりにもだれだれでテレビを見ていて「これじゃ、いかん」と

友人Oと東新宿のリラクジングサウナWILLに行くことに。

薬草サウナ、石サウナ、汗蒸幕(ハンジュンマク)、スチームサウナ、

薬草風呂ととにかく汗をかきまくってスッキリしてきました。

しかし、問題は汗を出したらお腹もすいた。

誘惑にまけて駅までの帰り道にあった「炭火焼・ホルモン焼 幸永」に寄りました。

友人いわく周辺では人気のようでひっきりなしにお客さんが入ってくる店。

肉類は極ホルモン、ゲタカルビ、タン塩を注文。

070108_1 まずはそのまま焼いて。

次はサンチュにまいて味噌をつけて。

このゲタカルビってのは骨と骨の間のお肉だそうで

これがなかなかいけます。野菜焼も色々のっていて結構盛りだくさん。

ご飯ものはやっぱり石焼きビビンバに。

070108_2 パリッと焦げもうまくできました。

韓国料理はお皿がいっぱい並ぶのでテーブルの上が

華やかでいいもんです。

問題はせっかく汗を流したのにこんなに食べていいのかってこと。

久々に焼肉を食べたら、新宿御苑の名店「出世料理 赤ちょうちん」に

行きたくなってきました。刺身も焼きもいける内臓がうまいお店です。

「炭火焼肉・ホルモン焼 幸永 本店」

新宿区歌舞伎町2-4-11 ノア新宿マンション 1F

TEL:03-3205-4364

ヨーグルト(失敗)

昨日セットしておいたヨーグルト完成の時間。

歓び勇んでくるみちゃんをはずしてみました。

070108 なかはこんな感じ。

はい、おいしい牛乳です。

この時からちょっと嫌な予感はしてたんです。

だってちょっといつもと膨らみが違うんだもん。

Photo 予感的中。ヨーグルトになってなーーーい。

さらさらで固まってないのです。

この失敗の要因はなんとなくわかります。

それは元のヨーグルトに「小岩井生乳100%ヨーグルト なめらか」を

使ったからではないだろうか?

このヨーグルト、上品でとっても美味しいんですが、

とろとろで固形というより、飲むヨーグルトが少し固まったくらいなんです。

手作りヨーグルトは元のヨーグルトより必ずゆるめにできるから・・・。

あまりにショックで「飲めば飲むヨーグルトになるんじゃあ?」なんて

期待もしましたが牛乳でした・・・。

失敗は成功の母です。

ポトフ

今日は気づいたらお昼まで寝てしまった。

温泉に入るとなぜか眠くなる。帰りの電車でもずいぶん寝たはずなのになー。

気を取り直して昨日買っておいた牛乳でヨーグルトを作ることに。

作ると言ってもすごく簡単。牛乳の小さなパックに市販のヨーグルトを

大さじ2くらい入れて口を押さえて軽くふる。

その後は「くるみちゃん」をまいてコンセントをさすだけ。

070107 24時間後には美味しいヨーグルトが出来ているはず。

いつ出来るか忘れちゃいかんので完成時間を記入。

母が実家でカスピ海ヨーグルトを作っているのですが、

あれはすごいです。

少量食べるだけで便秘はすぐ解消。正月からその効果に驚きました。

夕飯はあまりお腹もすいていなかったのでいつものポトフに。

玉ねぎ、人参、じゃがいも、ソーセージ、ベーコンを適当に切って

水をかぶる位入れてマギーブイヨンを2粒。

黒こしょうの粒を数個とローレルを1枚加えて火にかけるだけ。

沸騰したらあくだけとって、あとは弱火でコトコト20分。

070107_1 すさまじい強風の嵐の夜にほっこりあったかくなる

シンプルポトフです。

冷蔵庫の端っこに大根が残っていたので、

ポトフで残った人参とあわせてなますを作っておきました。

ご飯を食べていると「やっぱり日本人だなー」と感じるのは

漬物が欲しくなる時。箸休めって重要です。

キムチも美味しいですが口が辛くなっちゃうのでね。

そんな時にこのなますが重宝するのであります。

豚バラと白菜の鍋

本日は朝から箱根の登山鉄道に乗って宮ノ下の大衆浴場「太閤湯」へ。

冷たい雨にさらされて足の先までガチガチでしたがポッカポカ。

ひと風呂浴びた後は小田原駅で買った小鯵の押し寿司と金目鯛の炙り寿司で昼食。

寿司はもちろん箸休めの赤紫蘇の葉っぱをまいた寿司がなんとも言えず好きです。

夕飯は今年最大のヒットと自画自賛している「豚バラと白菜の鍋」。070106

軽く蒸した白菜、千切りのしょうが、豚バラ肉、塩、

こしょうの順番で土鍋に何重にも重ねていきます。

最後は白菜で全体をおおって白菜を蒸したお湯に固形チキンスープを

といたものを加えて、蓋を閉めたらコトコト30~40分。

070106_1

出来上がりはこんな感じです。

070106_3 これがシンプルだけど、豚バラのエキスが

スープと白菜に染み出てとにかくうまい!!!

小さいサイズの土鍋なのでペロッと食べちゃったりしますがお腹にもたれないしヘルシーだし、しょうががきいて身体があったまる。

そして作り方が簡単。言うことない一品です。

今日はこれに070106_4 唐辛子ペーストを使ったほうれん草のムッチを合わせました。

ピリッと辛い唐辛子と友人Mのお土産の胡麻油が決め手です。

070106_5 初めてみる「玉締めしぼり胡麻油」。

いつも使っている「かどや」や「竹本油脂」の

胡麻油とは一味違って香ばしい味がします。

本日は温泉と「豚バラと白菜の鍋」で身体の芯からあったまって

なんとも良い連休初日でありました。

白碗竹快樓

本日はお世話になっている会社の新年会に誘っていただき

赤坂見附の「白碗竹快樓」に行ってきました。

元銭湯だったという外観も内観も雰囲気のあるお店です。

070105 中華料理だってのに門松であります。

今日もやっぱり豚肉です。

泥ソースというネーミングに惹かれました。

070105_1 ゆで豚やわらかロース 葱ニンニク 泥ソース

実山椒がぴりっときいた一品。

ニラまんじゅうや小籠包も頼みましたが、箸休めにはこれ。

070105_2 花巻です。

そしてやっぱり何度食べてもこれが好き。

甘いタレとかりっとした皮の風味が堪りません。

070105_3 北京ダック。

皮だけの北京風です。

他にも色々食べましたが、〆の杏仁豆腐も相変わらず美味。

「味坊」の杏仁豆腐の次に美味しい。

今日の中国茶は黄金桂を飲もうと思ったのに品切れ。

女性ばかりだったので、女性好きするライチ紅茶をあわせてみました。

「白碗竹快樓」

東京都港区赤坂4-2-8 金春ビル別館

TEL:03-3585-4657

三年ぶた蔵 渋谷豚舎

夜は友人と新年会+ボーリング大会とあいなりました。

「しゃぶしゃぶが食べたい」という要望がメンバーからあったので

三年ぶた蔵 渋谷豚舎」を選んでみました。

とにかく豚三昧のお店なので野菜とあわせつつ楽しみました。

070104_5 もち豚ロースの炙り焼き。

塩、味噌、からし、青唐辛子、わさびが付いていて

好みのものをつけて食べます。

さすがもち豚はその名のとおりやわらかくて美味しい。わさびが絶品。

しゃぶしゃぶと言えば牛肉という方も多いですが、

私は子供の頃から酪農関係の仕事をしている父が取り寄せてくれる

ぐろーばるのもち豚しゃぶしゃぶが大好物でした。

そして本番のしゃぶしゃぶへ。

070104_6 梅肉を出汁でといたタレをつけて食べます。

野菜は水菜、長ネギ、エノキ茸、そして油揚げ。

豚肉の美味しさはもちろん野菜がいっぱいペロッと

食べられて満足、満足。

ぐるなびの携帯クーポンを使ったらなんと2000円引き。

5人で1人2810円なら大満足の味わいでした。

「三年ぶた蔵 渋谷豚舎」

東京都渋谷区神南1-20-15 国際101号館B1

TEL:03-5428-5731

美肌鍋

帰省していた京都在住の友人Mを招いてお家でランチをすることに。

夕飯に友人を招くことはよくあるがランチとなるとメニューに迷う。

昼からゴテゴテした料理は作りたくない。お腹にももたれたくない。

そんな訳で本日のメニューは「焼売」「ニラとクレソンの炒め物」「美肌鍋」に決定。

070104_1

蒸す前、蒸篭に並んだ焼売です。

この美肌鍋というのが料理研究科のマロンさんがテレビで

作っていたものをメモにとっておいて初めて実践してみました。

炊飯器に少しのもち米に大量の水、骨付き鶏肉、ごま油、

塩、コショウを入れて普通に炊飯。炊けたら甘栗を入れてもう一度炊飯。

器にもって刻んだ万能ねぎをのせるだけ。

070104_2

美肌鍋。食べかけですみません。

つるっと骨からとれる鶏肉、おかゆ、甘栗の味が見事に調和して

上品な味わいに。材料を入れたら後は炊飯器にお任せなので

忙しい時にぴったりです。友人にもなかなか好評でした。

本日は東方美人茶をあわせてみました。

食にこだわる

ここ数年、やたらと食に興味がある。

料理はもちろん美味しいお店を探すのも楽しみの一つに。

というか美味しくないものを食べたくないのである。

新しい年、2007年が始まったことだし

自分が何を食べていて、何にこだわっているのかを記録してみようと思う。

どこまで続くかわからないけれど。

トップページ | 2007年2月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ